logo

広島国際大学医療福祉学科のグエン・ドク客員教授 講演会「ヒロシマ×ベトナム 平和への想い」開催

広島国際大学 2018年06月27日 14時05分
From Digital PR Platform




広島国際大学(広島県東広島市、学長:焼廣益秀)医療福祉学部は7月28日、グエン・ドク客員教授(医療福祉学科)の講演会を開催する。




 ベトナム戦争時にアメリカが散布した枯葉剤の影響で、結合双生児として1981年に生まれ、7歳の時に分離手術に成功。その後何度も手術を受けながらも自立して生活する同氏が、その体験を基に、客員教授就任後、初めての講演で国際平和都市・広島の地で平和や命の尊さについて語る。

◆来日スケジュール
7月27日(金)  7:20 関西国際空港着
         9:30 大阪工業大学 梅田キャンパス視察
        12:40 新大阪駅発

7月28日(土) 講演会
         【第1部】基調講演 13:00~13:50
          「ヒロシマ×ベトナム 平和への想い」
           グエン・ドク客員教授
         【第2部】シンポジウム 14:00~14:50
          「広げようKAIGOの輪」
           グエン・ドク客員教授
           河内昌彦氏(社会福祉法人広島県リハビリテーション協会理事長)
           伊達貴洋氏(本学臨床講師【卒業生】)
          《コーディネーター:上原千寿子教授(同学科)》
          ※広島国際大学 東広島キャンパス講堂にて
          ※一般の方、本学学生
          ※無料、事前申し込み不要

7月29日(日) 11:00 広島国際大学 東広島キャンパス視察

7月30日(月) 10:30 関西国際空港発

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室(担当:坂井)
TEL:0823-27-3102

※7/28講演会後に取材を希望される場合は、ご連絡ください。

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]