logo

千葉商科大学 -- 市川市民の手作り行灯が輝く!「真間あんどん祭り」で地域活性化

千葉商科大学 2018年06月15日 14時05分
From Digital PR Platform




千葉商科大学(学長:原科幸彦)人間社会学部(学部長:朝比奈剛)と、大学近隣の商店街有志らで作る「真間行灯ライトアップ企画実行委員会」は、7月22日(日)に千葉県市川市の真間山弘法寺で「真間あんどん祭り」を開催する。イベントでは、同実行委員会メンバーの同大学生が、地域活性化や高齢者福祉などの近隣地域の社会的課題に対し、多世代交流や地元への愛着を深める機会を提供する。




 4回目となる今年は、イベントにアートの力を活用。行灯製作では美術家の臼田那智氏(※)を迎えたワークショップを予定している。また当日は、本学の政策情報学部(学部長:大矢野潤)の学生が、真間山弘法寺祖師堂をスクリーンとしたプロジェクションマッピングを実施し、先端技術と芸術文化を融合して、地域の発展へと繋ぐ。

 イベント開催前には、市川市民による行灯製作を企画・運営。行灯の製作数も200個を予定している。市川市民の手作り行灯で、イベント当日は、弘法寺の石段から真間の商店街までをライトアップし、街を輝かせる。
 より多くの参加者とともに、過去最大規模で、「地元のイベント」から「市民のイベント」へと成長をめざす。



(※)臼田那智氏は「人との繋がり」をテーマに、茨城県ひたちなか市を拠点にアートプロジェクトを行っている。

■「真間あんどん祭り」概要
【日 時】 2018年7月22日(日) 15:00~21:00 ※雨天決行
【場 所】 真間山弘法寺(千葉県市川市真間4-9-1)
【内 容】
・行灯ライトアップ(19:30~21:00)
・プロジェクションマッピング(20:00~20:30)
・浴衣レンタル着付け無料(13:00~16:00、女性限定先着40名、下駄またはサンダル持参)
 バンド演奏、ダンスパフォーマンス、ビンゴ大会、商店街出店屋台 など

■行灯製作
【日 時】
 6月30日(土)、7月1日(日)、7月7日(土)、7月8日(日) 13:00~15:00
※臼田氏が参加するのは6月30日、7月1日の2日間。
【場 所】 千葉商科大学1号館・4号館(7日のみ4号館)
【対 象】 市川市民
【持ち物】 クレヨン、カラーペン、クレパスなど
【費 用】
 行灯1つにつき500円
※昨年の行灯補修(紙の張替)も可(1つにつき300円)
【申込み】
 氏名・年齢・住所・参加希望日・電話番号を明記し、メールで申し込み。
 ○送信先:andon.join@gmail.com ※要事前申込

<報道関係者の皆さま>
 誠にお手数ですが、ご取材いただける場合には、添付のFAX返信票にて、戦略広報センター(FAX: 047-373-9969)までお知らせくださいますようお願い申し上げます。

▼本件に関する問い合わせ先
千葉商科大学 学部事務課 人間社会学部
住所:千葉県市川市国府台1-3-1
TEL:047-371-2178
メール:office-hss@cuc.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]