logo

メール対応の属人化を防ぐ!AIカスタマーサービスソフトウェア「ThinkOwl」日本語版リリース!

AIを活用したサービスデスクソフトウェアでメール対応を共有管理

コールセンターでのメール・SNSの対応をAIで一元管理できる「ThinkOwl」(シンクオウル)日本語版がサービスを開始。
無料イベントで使い方を体験!

コールセンターの開発・構築・運営を中心としたシステムインテグレーションを行う、株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー (本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:柴山 浩、以下CBA)は、本社をドイツに置く、ヨーロッパのAI開発の先駆的存在であるITyX社のThinkOwl日本語版のサービスを国内向けに開始する。

同サービスは主にメールやSNSなどテキストベースの顧客からの問い合わせへの対応をRPA+AIで自動化し、昨今問題になっているチャネルごとのエージェントの教育や人手不足の解決策となりうる。

サービスの開始を記念して、CBAは6月8日に、コールセンター業界で有名な秋山 紀郎氏(COC理事)による公園を含む無料イベントを開催する。

イベントでは秋山氏による講演「ノンボイス・コミュニケーションの問題と解決策」を始めとして、ThinkOwlのメール対応フローの作成の仕方などを触りながら見ることができる。

場所・日時
2018年6月8日(金) 13:30〜17:00  東京開催
品川クリスタルスクエア

対象:コールセンター、BPO、カスタマーサービスに従事される担当者様

主催:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

参加費:無料

関連ページ:リンク

プログラム
基調講演
「ノンボイス・コミュニケーションの問題と解決策」
ーコンタクトセンターおもてなしコンソーシアム(COC)理事 秋山 紀郎様

RPA+AIでパフォーマンスを向上させる新ソリューションのご紹介と事例紹介

交流会

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]