logo

【三菱電機】Edgecross対応ソフトウェア「iQ Edgecross」発売のお知らせ

AI技術により予防保全や品質向上など、生産現場の効率化を実現

三菱電機株式会社は、「Edgecross(※1)」に対応し、産業用PCで動作するソフトウェア製品群「iQ Edgecross(※2)」として、AIを搭載し生産現場の予防保全や品質向上に貢献するデータ分析・診断ソフトウェア「リアルタイムデータアナライザ」と、高速で容易にデータ収集できる「データコレクタ」4機種を5月8日に発売しました。エッジコンピューティングを活用し、当社が提唱する「e-F@ctory(※3)」を強化することで、生産現場の効率化を実現します。

※1 FAとITを協調させるオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム
※2 Edgecrossに対応した当社エッジコンピューティングソフトウェアの名称
※3 FAとITを活用し、開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減するFA統合ソリューション提案



[画像1: リンク ]

▼新製品の特長
1. AI搭載の「リアルタイムデータアナライザ」で、予防保全や品質向上に貢献


従来、オフライン分析用とリアルタイム診断用の2種類のソフトウェアが必要だったものを、1つのソフトウェアで稼働中にリアルタイムで分析・診断
当社AI技術「Maisart(※4)」の類似波形認識技術を活用し、センサーなどの波形データを学習・認識することで、リアルタイム診断時での異常兆候検知の精度を向上
AI技術に加え、MT法(※5)や重回帰分析などの統計手法を活用し、問題発生時に要因分析が容易にできるなど、生産現場の予防保全や品質向上をプログラムレスで実現


[画像2: リンク ]

※4 Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in Technology

  当社のAI基盤技術・応用技術等のAI技術ブランド
※5 マハラノビスタグチ法:データの相関関係により正常時との違いを検出する手法


2. 「データコレクタ」4種類により、生産現場のデータを高速かつ容易に収集


CC-Link IEフィールドネットワーク対応の「データコレクタ」(※6)により、生産現場での高速なデータ収集(最速1ms)を実現し、高精度な装置制御に貢献
SLMP(※7)、OPC UA(※8)、MTConnect(※9)対応の「データコレクタ」により、様々な機器やデバイスからデータを容易に収集


※6 「CC-Link IE フィールドネットワークデータコレクタ」は、当社製の産業用PC「MELIPC MI5000」
  (2018年4月19日発表ニュースリリース「三菱電機産業用PC『MELIPCシリーズ』発売のお知らせ」参照)
  にプリインストールして販売。今後、ソフトウェア単独での販売も予定
※7 Seamless Message Protocol: Ethernet製品とCC-Link IE対応機器でのネットワークの階層・境界を
  意識しないアプリケーション間の通信を可能にする共通プロトコル
※8 米国OPC Foundationが策定したプラットフォーム非依存の通信規格
※9 米国MTConnect協会が標準を定めた工作機械向けの通信規格


▼関連リンク
Edgecross対応ソフトウェア 製品特長(三菱電機FAサイト)
リンク
Edgecross対応ソフトウェア 製品一覧(三菱電機FAサイト)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]