logo

Roadstar.aiがシリーズAラウンドで1億2800万米ドルを調達し、第1世代製品「Aries」を発表

Roadstar.ai 2018年05月18日 14時45分
From 共同通信PRワイヤー

Roadstar.aiがシリーズAラウンドで1億2800万米ドルを調達し、第1世代製品「Aries」を発表

AsiaNet 73592 (0880)

【深セン(中国)2018年5月17日PR Newswire=共同通信JBN】世界屈指のレベル4自動運転テクノロジーのパイオニアであるRoadstar.aiは15日、シリーズA資金調達で1億2800万米ドルを確保したと発表した。Wu CapitalとShenzhen Capital Groupが主幹事を務め、Yunqi Partners、CMB International CapitalおよびVision Plus Capitalが参加した。

Photo: リンク

Roadstar.aiは資金調達の発表とともに、同社初の自動運転テクノロジー・キットである「Aries」(アリエス)も公開した。これは中国製の最も費用対効果が高いライダー(LiDAR)を搭載した最初のワンケーブル自動運転ソリューションである。

Roadstar.aiの創設者兼最高経営責任者(CEO)であるトン・シェンチャオ氏は「Ariesは異なるブランドおよびタイプのセンサーと互換性がある。これによりレベル4パフォーマンスを車両1台当たり5万人民元(8000米ドル)未満のコストで実現することが可能になる」と述べた。

Roadstar.aiが米国と中国の両方で公道テスト走行を実施した後、中国のメディアは「Aries」をRoadstar.aiを量産態勢へ近づける主要なステップであると報じ、効率に優れ安全な自動運転のソリューションが競合他社よりはるかに低コストであることは、今後数年間Roadstar.aiが巨大な市場を発展させる助けとなるとみている。

2017年5月に中国・深センを本社に設立されたRoadstar.aiは、深センと米シリコンバレーに2つの研究開発センターを開設した。現在Roadstar.aiは、同社が独自に開発した2つのコア技術であるHeteroSyncおよびDeepFusionを強みに世界的なティア1および自動車メーカーと正式なパートナーシップを構築した、中国唯一の自動運転テクノロジーのスタートアップ企業である。

わずか1年前に設立されたRoaadstar.aiは、既に業界のいくつかの主要なベンチマークを達成した。Cityscapesデータセットのコンピュータビジョンのベンチマークで1位を獲得しKITTIの3D検知データセットでトップ3に入った。

Roadstar.aiチームには、Google、テスラ、Apple、NvidiaおよびBaidiu USAなどトップクラスの自動運転企業出身のエンジニアを含む極めて優れた人材が名を連ねている。2020年の彼らの野心的な目標は、自動運転車両の安全性ドライバー介入率を走行1000km当たり1回にまで低減することである。Roadstar.aiは今年、中国で新たな自動運転車両を50台導入する予定で、2019年には200台、2020年までに1500台に拡大する計画である。

トン氏は「Roadstar.aiは、インテリジェントで効率的かつ安全な未来のモビリティー体験に向け、完全自動運転のロボタクシー・サービスを提供する。しかし、安全で快適な自動運転の世界に足を踏み入れる前に、人工知能(AI)テクノロジーが完璧でなくてはならない」と述べた。

ソース:Roadstar.ai


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]