logo

SpiralMind、福岡空港での自動運転バスデモンストレーションへ技術提供

SpiralMind 2018年04月26日 11時01分
From PR TIMES

遠隔地からアバターが乗客をリアルタイムサポート



[画像1: リンク ]


株式会社SpiralMind(東京都品川区、代表取締役:鎌田卓、以下 SpiralMind)は5月8日(火)から5月10日(木)に福岡空港内で行われる自動運転バスのデモンストレーションへ「アバターテレポーテーション技術」を提供いたします。

福岡空港で行われる自動運転バスデモンストレーションは 「第16回アジア太平洋地域 ITSフォーラム2018福岡」の来場者向けに実施されるもので、福岡空港内の国内線・国際線ターミナル間連絡バスルートを小型バスがレベル3(条件付き自動運転)で走行します。SpiralMindは、自動運転バスに搭載されたSBドライブ株式会社(本社:東京都港区、社長:佐治 友基)の車内コンテンツ開発用オープンAPIと、人の顔の目や鼻、口や頭の傾きといった特徴を検出し遠隔地のCGキャラクターの表情へリアルタイムに反映させる「アバターテレポーテーション技術」を連携させた自動運転バス車内向けコンテンツを開発しました。本コンテンツを活用することで、オペレーターは遠隔地からバス内の様子をリアルタイムにモニタリングし、車内のアバターを通して乗客をサポートできます。

今回、東京にいるオペレーターが福岡の自動運転バスのアバターとなるデモンストレーションを行い、その効果と有効性について検証するとともに、今後の人員不足の解消やスマートモビリティ社会への安心・安全の提供を目指していきます。


■「アバターテレポーテーション技術」概要
[画像2: リンク ]

・遠隔ディスプレイ上に表示されたアバター(CGキャラクター)にオペレーターの表情をリアルタイムに反映。
  インタラクティブなコンテンツにおいて温かみと個人差の低減とを両立。
・オペレーター等の表情をAI学習させることで、キャラクターアニメーションの制作工数を大幅削減。


■デモ構成
[画像3: リンク ]



【株式会社SpiralMind 企業概要】
[表: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]