logo

松屋銀座と学研がコラボ! 人気の教材を使った子ども向けプログラミングワークショップを開催!

株式会社 学研ホールディングス 2018年04月25日 18時00分
From PR TIMES

「Hour of Codeマインクラフト」を体験しよう!



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)が運営する学研テックプログラム(リンク)では、小・中学生向けのプログラミングワークショップを、4月29日(日・祝)に松屋銀座と共同開催いたします。

[画像1: リンク ]


◆注目の習い事「プログラミング」! 最初は「楽しい」と感じることがポイント!

2020年の必修化に向けて、プログラミング教育に注目が集まっています。「子どもに習わせたい習い事」を調べたランキングでは、各所でのきなみ上位にランクイン!

プログラミングと聞くと難しそうなイメージがありますが、まずは「楽しい」と感じることからはじめましょう。学研が取り組むプログラミングスクール・学研テックプログラムのワークショップなら、初心者の子どもでも楽しく学べるカリキュラムをご用意しています。
[画像2: リンク ]


◆大人気ゲーム「マインクラフト」のキャラクターをプログラミングで動かそう!

ワークショップは、「Hour of Codeマインクラフト」(リンク)という学習ツールを使って、大人気ゲーム「マインクラフト」のキャラクターをプログラミングで動かしながら課題をクリアしていく内容です。

タブレットで学習するので、パソコンやプログラミングに慣れていない子どもでも、安心して参加できます。
[画像3: リンク ]


◆プログラミングの考え方をきちんと学習できるレクチャーも!

プログラミングをきちんと「学習できる」ワークショップは、学研テックプログラムならでは。タブレットを触る前に、「プログラミングって何?」がわかるレクチャーからスタートします。

プログラミングの論理を「体感する」ためのミニゲームは、子どもたちに大人気。「前」や「うしろ」などと書かれたカードを引いて、先生役の講師に動き方を指示します。

ワークショップの最後には、オリジナルのプログラミングを完成させる課題も用意。論理的に物事を考える力や、問題を一人で解決する力が身につきます。
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


◆銀座の百貨店では初! ショッピングの合間にプログラミング学習を

「プログラミングの楽しさをたくさんの子どもに知ってほしい」
学研テックプログラムはそんな思いから、様々な会場でワークショップを開催してきました。プログラミング教育への関心は、学校や塾を超えて、各所に広がっています。今回は、銀座の百貨店では初となるプログラミングワークショップを開催。

お買い物の合間にワークショップに参加できますので、お気軽にプログラミング学習を体験できます。新しい学びを、この機会にはじめてみてはいかがでしょうか。

《プログラミングワークショップ開催概要》
○開催日時:4月29日(日・祝) 11:00~/14:00~
※ワークショップは約2時間を予定しています。
○会場:松屋銀座8階バンケットルーム(東京都中央区銀座3-6-1)
○対象:小学1年生~中学3年生
○定員:各回20名様
※各回とも先着順とさせていただきます。
○参加費:2,700円(税込)

▼お申込みはこちらから
■11:00~の回 >
リンク

■14:00~の回 >
リンク
※サイト上で詳細をご確認のうえお申し込みください。

▼松屋銀座公式サイトはこちらから
リンク

◇学研テックプログラムとは
学研テックプログラムは、70年の教育の歴史を持つ学研が新たに取り組む小・中学生向けのプログラミングスクールです。物事を論理的に考える力や、学校では学べないプレゼンテーション力、自分のアイデアを形にするまでの苦労と喜びを、たくさんの子どもたちと一緒に学んでいきます。

▼学研テックプログラム公式サイトはこちら
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]