logo

ランドスケイプの日本最大級の企業データベース「LBC」と、マーベリック社のDMP搭載型DSP「Sphere」が連携開始

~更なるターゲティング強化へ~

 データベースマーケティング支援事業を行う株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富 七海、以下 ランドスケイプ)は、ランドスケイプの企業データベース「LBC」が、マーベリック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:美留町 督 以下 マーベリック)のDMP(*1)搭載型DSP(*2)「Sphere(スフィア)」と連携したことをお知らせします。



[画像1: リンク ]

 本連携により、広告主は、マーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere」のインターネットユーザーの関心や職業、役職などでのターゲティングに加えて、ランドスケイプが保有する企業データベース「LBC」を活用して企業属性(業種や売上規模など)や既存客を除外した潜在見込客に対してのみターゲティング広告を実現します。

[画像2: リンク ]

 ランドスケイプは、現在注目されている企業単位でのマーケティング(アカウントベースドマーケティング)を実践するためのサービスを拡充し、より効率的に成果に繋がるように営業・マーケティング活動を支援してまいります。

【DMP搭載型DSP「Sphere」】
リンク
 マーベリックが提供する「枠」ではなく「人」をターゲティングするディスプレイ広告のマニュアル運用型サービスです。DSP「Sphere」を使用し、社内常駐の運用チームと営業チームの密な連携・広告効果分析を基に広告効果の最適化を行います。

【企業データベース「LBC」】
リンク
 ランドスケイプが日本全国の事業所に11桁の管理コードを採番した法人データです。「LBC」は、企業のIPアドレスや業種、売上高などの企業属性を紐付けて管理しています。そのため、Web閲覧時に取得できるIPアドレスを「LBC」にマッチさせることで、企業属性を活用したWebログ解析や、営業用の有望リストの抽出を実現します。

■マーベリック株式会社の概要
 マーベリックは、広告配信プラットフォーム(DSP)事業を展開しており、DSPの開発・販売、RTB(*3)インフラやDMPの構築支援を行う企業です。また、新たな取り組みとして、ビッグデータ解析技術を活用し、O2O(*4)を推進するエリアマーケティングの新システムの開発を担います。
[表1: リンク ]


■株式会社ランドスケイプの概要
 ランドスケイプは、データベースマーケティング支援会社として、独自構築した日本最大のデータベースを構築・維持してきたマーケティングノウハウを柱に、企業が保有する顧客データの名寄せやターゲティングを容易に実現できるソリューションを提供しています。
[表2: リンク ]



(*1)DMP (Data Management Platform)
各種Webサイトのアクセスデータ・広告配信・顧客・その他の外部サプライヤーのデータを管理し、 広告配信や分析調査等のデータ活用チャネルと連携するデータ統合管理システムを指します。

(*2) DSP (Demand Side Platform)
複数の広告枠の配信最適化および、効果検証などの一元管理を目的に開発された広告主向けのシステムを指します。

(*3) RTB (Real Time Bidding)
広告の表示毎に閲覧ユーザーや広告掲載面、1ユーザーあたりの表示回数などの情報を分析して、最適と判断できる場合のみオークション方式で入札と配信が可能となる仕組みです。

(*4) O2O (On-line to Off-line)
オンラインとオフラインの購買活動が連携し合い、オンラインでの活動が実店舗などでの購買・来店に影響を及ぼすようなマーケティング活動を指します。

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]