logo

電力変換効率と安全性の最新規格に対応した設計を簡略化する高集積デジタル電源制御ICを発表

STマイクロエレクトロニクス 2018年04月25日 10時01分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、現在の最も厳しい環境設計基準(1)に対応するデジタル電源制御ICのSTNRG011を発表しました。同製品は、コンピュータ、LED照明、医療機器、通信機器、産業用機器などに使用される電源・アダプタ(90W~300W)の開発の簡略化および迅速化に貢献します。

STNRG011は、ダブルエンド型LLC共振ハーフブリッジ・コントローラとマルチモードの力率改善回路(PFC)コントローラを搭載し、クラス最高の制御アルゴリズムで動作するデジタル・コアによって制御されます。STのSMED(State Machine Event Driven)技術を活用した内蔵デジタル・ペリフェラルと独自のアナログ・ハードウェアにより、制御ループの性能が向上し、優れたダイナミック応答性を実現します。また、不揮発性メモリが内蔵されているため、アプリケーション専用のパラメータを保存しておくことも可能です。

STNRG011は、デジタル制御とプログラミングの柔軟性により、すべての負荷範囲で効率と性能を最適化できるとともに、バースト・モード動作を活用して軽負荷時の効率を最大化することができます。また、2ピンのUART/I2Cポートを有しており、ホスト・システムから電源の監視と制御が可能です。

さらに、LLCゲート・ドライバ、PFCゲート・ドライバ、高電圧起動回路(800V)、ライン検出などの機能も集積されているため、設計のさらなる簡略化に加え、信頼性と耐久性の向上、製品サイズの小型化、ならびに部品点数の削減が可能です。また、Xキャパシタ放電回路を搭載しているため、オーディオ・ビジュアル機器やICT機器向けの安全規格であるIEC 62368-1への準拠が簡単になります。IEC 62368-1は、60950と60065の規格を引き継いで作成された米国とEUにおける最新の安全規格です。

また、STNRG011には過電圧、過電流、減電圧、サージ、フィードバック切断、アンチ・キャパシティブモード保護、ブラウンアウト保護、ソフトスタートといった、LLCおよびPFC回路の包括的な保護機能も搭載されています。

STNRG011は現在量産中で、SOパッケージ(20ピン)で提供されます。単価は、1000個購入時に約1.42ドルです。

詳細については、 リンク をご覧ください。

(1)コンピュータに要求されるENERGY STAR(R) ver. 6.1やEUの行動規範(CoC)Tier 2など

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ & MEMS製品グループ
TEL : 03-5783-8250 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]