logo

◆情報系も加えた教育・研究を展開。我が国の土木・建設分野に多大な貢献! ◆関西大学土木系学科創設50周年および都市システム工学科創設10周年記念式典を挙行。【日時】4月28日(土)15時~19時【場所】千里山キャンパス100周年記念会館

関西大学 2018年04月19日 20時05分 [ 関西大学のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform




関西大学ではこのたび、土木系学科創設50周年および都市システム工学科創設10周年記念式典を、4月28日(土)15:00から千里山キャンパス100周年記念会館にて開催します。




【本件のポイント】
・関西大学土木系学科(土木工学科、都市環境工学科)が創設50周年
・関西大学都市システム工学科が創設10周年
・本学OBでもあるパナソニック株式会社 前代表取締役の大坪文雄氏らによる記念講演を実施


関西大学土木系学科(土木工学科、都市環境工学科)は、1967年4月に工学部に創設され、我が国の土木・建設分野の教育・研究に著しい貢献を果たしてきました。これまで5000人以上もの学生を社会に輩出した同学科は、進路先である教育機関や官公庁、民間企業などにおける卒業生たちの目覚ましい活躍もあり、各方面から高い評価を得ています。

一方、工学部は2007年に3学部(システム理工学部・環境都市工学部・化学生命工学部)に改編され、都市環境工学科は当時のシステムマネジメント工学科の一部と統合し、環境都市工学部都市システム工学科としてスタートしました。以降、急激に進んだ社会のIT化の流れなどをいち早く捉え、土木・建設分野においても情報系を加えた教育・研究を展開してきました。

式典当日は、上記学科の歴史を振り返るとともに、本学OBでパナソニック株式会社代表取締役を務められた経歴を持つ大坪文雄氏ならびに堂垣正博本学名誉教授による記念講演を行います。本学では、今後も「学理と実際の調和」を図るべく、実社会に役立つ最先端の研究活動に取り組んでいきます。

    <土木系学科創設50周年・都市システム工学科創設10周年記念式典の概要>

【日  時】4月28日(土)15:00 ~ 19:00

【場  所】関西大学千里山キャンパス100周年記念会館(阪急「関大前」駅南出口から徒歩約5分)

【主  催】関西大学環境都市工学部都市システム工学科

【プログラム】<第1部> 記念式典 15:00 ~ 15:50
              挨 拶:滝沢 泰久(都市システム工学科長)
              祝 辞:芝井 敬司(関西大学学長)、池内 啓三(学校法人関西大学理事長)、
                  山本 秀樹(環境都市工学部長)
              学科の歴史紹介:楠見 晴重(記念事業実行委員長、環境都市工学部教授)  など 

       <第2部> 記念講演 15:50 ~ 16:50
             (1)大坪 文雄 氏(前パナソニック代表取締役社長、本学大学院機械工学専攻修了)
               講演テーマ:「ものづくり産業の競争力」
             (2)堂垣 正博(関西大学名誉教授)
               講演テーマ:「50年を振り返って」

       <第3部> 記念祝賀会 17:00 ~ 19:00
          歓談の時間に、記念誌のスライドショーや応援団による演舞・演奏を実施


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ■ 関西大学環境都市工学部 都市システム工学科とは
    (前身は1958年に工学部として開設→2007年に改組し、現在に至る)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



「都市の防災・環境・交通問題を解決し、安全・安心で快適な未来都市を創造する。」

現代の都市は、高度な機能を備えた社会基盤・情報基盤により支えられ、発展してきました。しかし、人口の過密、交通混雑、環境汚染、自然災害に対するもろさなど、多くの問題が表面化しています。これらの問題に取り組むには、都市を社会システムとして幅広い観点からとらえ直し、さまざまな情報の整理に基づいて、そのシステムを計画し、設計し、管理・運営していかなければなりません。同学科では、自然環境に調和した持続可能な都市を創造するため、環境、情報、マネジメントなども含めた統一的な視点に基づき、都市システムを計画、設計および維持管理するために必要な知識と技術を修得し、まちづくりを担う技術者・研究者となることをめざします。

----------------------------------------------------------
  ■ 関西大学理工系学部・学科の変遷
----------------------------------------------------------

1958年4月 工学部開設
1960年4月 工学部に管理工学科を増設
1963年4月 工学部に機械工学第2学科および応用化学科を増設
1967年4月 工学部に電子工学科、土木工学科、建築学科の3学科を増設
1990年4月 工学部に生物工学科を増設。金属工学科を材料工学科と改称
1991年4月 機械工学第2学科を機械システム工学科と改称
2003年4月 材料工学科を先端マテリアル工学科と、土木工学科を都市環境工学科と改称
2004年4月 電気工学科を先端情報電気工学科と改称
2005年4月 電子工学科を電子情報システム科と改称
2007年4月 工学部を改組し、システム理工学部・環境都市工学部・化学生命工学部を設置

▼本件の詳細▼
関西大学プレスリリース
リンク

▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。



▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、浦田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]