logo

実業家 堀江貴文氏もCo-Founderとして参画!日本初!プロフェッショナルドローンレースチーム『RAIDEN RACING』発足記者会見のご案内

DRONE SPORTS株式会社 2018年04月19日 19時01分
From PR TIMES

日本チーム初参戦!世界のトップチームが集う、ヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ"DroneChampionsLeague"にRAIDEN RACING出場決定!

DRONE SPORTS株式会社(以下 弊社、 本社 東京都港区、代表取締役 小寺 悠)は、日本初となるプロフェッショナルドローンレーシングチーム『RAIDEN RACING』(以下 RAIDEN)を発足いたします。RAIDENは、ヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ『Drone Champions League』(以下DCL)へ参戦いたします。



[画像1: リンク ]



◆ 新時代スポーツで日本に、世界に、熱狂と感動を与える

[画像2: リンク ]

RAIDENは日本初のプロフェッショナルドローンレースチームとして、世界の人々が憧れるプロスポーツチームになる事を目指します。新しい”モータースポーツ”としての、リアルドローンレースの認知向上に貢献するとともに、ドローンレースEスポーツチームとしても活動します。RAIDENは新時代のスポーツで日本に、世界に、熱狂と感動を与えます。

[画像3: リンク ]

◆ 『日本最速の男』『ドローンクラッシャー』『インドネシアNo.1パイロット『ドローンレース界のプリンス』10代を3人含む、個性豊かな4人のRAIDENパイロットが、一丸となって世界No.1を目指す
[画像4: リンク ]

【RAIDENパイロットプロフィール】
・『日本最速の男』後藤 純一(37歳)
2017年Japan Drone League(以下JDL)でシーズン年間ランキング1位に輝く。
RAIDENパイロットキャプテンとして、チームを牽引。

・『ドローンクラッシャー』阿左見 和馬(17歳)
ドローンレース歴わずか5ヵ月で2017年7月のJAPAN DRONE NATIONALS 2017を優勝。JDL2017年シーズン年間ランキング3位。日本代表として世界大会に出場した経験を持つ現役高校生パイロット。

・『インドネシアNo.1パイロット』Axel Mario(アクセル マリオ)(13歳)
2018 Indonesia Drone Racing World Cupで世界2位、インドネシア人として1位に輝いた。
現役中学生でありRAIDEN随一の外国人パイロット。

・『ドローンレース界のプリンス』鈴木 匠(13歳)
ドローンレース歴1年、JDL2017シーズン年間ランキング4位入賞の現役中学生パイロット。
RAIDEN最年少の『ドローンレース界のプリンス』。

◆ ヨーロッパ最高峰リーグ、DCLへの挑戦

[動画: リンク ]



DCLは2016年オーストリアで行われた大会を皮切りに、2017年から世界転戦リーグを始動し、世界5カ国の象徴的な場所で開催しました。大会の様子は、27局のTVパートナーから世界76カ国で放送されおり、累計視聴者は1.1億人に登る、ヨーロッパ最高峰のドローンリーグです。

[画像5: リンク ]

日本では2017年よりスポーツテレビ局のJ SPORTSが放送を開始。今年も全戦を放送することが決定しており、世界でも最も知名度の高いドローンリーグとなっています。

◆ DCL2018シーズン スケジュール
[画像6: リンク ]

今シーズンは、6カ国、全12戦の開催。アジア圏初開催(中国、万里の長城)も予定と、新スポーツとして世界各国で注目されています。

・第1戦・6月22,23日
ドイツ/ミュンヘン
・第2戦・7月4,5日
スペイン/マドリッド
・第3戦・8月10,11日
中国/万里の長城
・第4戦・8月31日,9月1日
リヒテンシュタイン/ファドゥーツ
・第5戦・9月21日,22日
ベルギー/ブリュッセル
・第6戦・10月12,13日
スイス/チューリッヒ湖

◆『RAIDEN』発足、DCL2018年シリーズ参戦発表 記者会見 概要
上記に伴い、RAIDEN発足記者会見を以下の日程で実施します。
会見では、実業家の堀江貴文氏、DCL映像総監督Anton Nelson氏が登壇します。

【日時】2018年4月25日(水) 14:00~15:00(開場13:30)
【場所】株式会社ジェイ・スポーツ
〒135-0064
東京都江東区青海二丁目4番24
青海フロンティアビル2F
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

【会見内容】
・RAIDEN 発足発表
チームコンセプト・RAIDENパイロット紹介・今後の展望・DCL参戦など2018年活動方針
・代表ご挨拶
DRONE SPORTS株式会社 小寺悠
・DCL映像総監督Anton Nelson氏より
DCL参戦歓迎のご挨拶
・チーム共同ファウンダー
堀江貴文氏より応援コメント
・質疑応答
・フォトセッション

【登壇者】
小寺 悠
堀江 貴文氏
Anton Nelson氏
後藤 純一(RAIDENパイロットキャプテン)
阿左 美和馬(RAIDENパイロット)
鈴木 匠(RAIDENパイロット)

◆『記者会見にご出席をご希望される報道関係者各位』

以下、記者会見申込フォームURLより、必須事項を記入の上、4月24日(火)までご提出ください。

☆記者会見申込フォーム: リンク


[画像9: リンク ]

【その他、お問合せについて】
RAIDEN公式LINE@で受付けております。
URL:リンク
LINE ID:@bpi7671f


DRONE SPORTS株式会社
代表取締役 小寺 悠
設立 2018年2月
Web:リンク
公式FB: リンク
担当:井崎 麻結
info@teamraiden.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]