logo

プレイドが総額約27億円の資金調達を実施

プレイド 2018年04月19日 10時01分
From PR TIMES



CXプラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイド(東京都品川区:代表取締役社長 倉橋健太、以下「プレイド」)は、既存株主であるフェムトパートナーズ有限責任事業組合、Eight Roads Ventures Japan、に加え、新たに三井物産株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社(※敬称略、順不同)を引受先とする第三者割当増資、及びみずほ銀行、三井住友銀行等からの借入れにより総額約27億円の資金調達を実施いたしました。


[画像: リンク ]


左:代表取締役社長 倉橋健太 右:取締役CTO 柴山直樹
(撮影/JAM HOME MADE 東京店)


当社はこれまでにフェムトグロースキャピタル投資事業有限責任組合、Eight Roads Ventures Japanから約6.5億円の資金調達を実施しています。「KARTE」のクローズドβ版の提供を開始した2014年7月以降における累計調達総額は約34億円になります。
「KARTE」が正式にローンチした2015年3月以降、導入企業・サイト数は純増を続けており、各導入サイトのユニーク・ユーザー数を足し上げた3年間の累計解析ユーザーは22億人、導入企業の約半数となるECの年間売上解析金額は、5,480億円にのぼります。
売上においても、事業収益は2017年3月に単月黒字化を達成。KARTEのようなクラウドで提供する企業向けソフトウェア(いわゆるSaaS)サービスの成長指標として、主に海外のスタートアップ業界で使われる「T2D3」※を上回るペースを、オーガニックな成長(本格的なマーケティング投資前の自立的な成長)で達成しており、世界的なSaaSサービスと比べて遜色ない成長を続けています。


※「T2D3」とは、「Triple,Triple, Double, Double, Double」の略で、サービス開始以降、3倍、3倍、2倍、2倍、2倍...と毎年売上が成長することを指します。主に海外のスタートアップ業界で使われる用語で、成功するクラウド・SaaS系サービスの指標となっています。実際にSalesforceやWorkday(人事向けクラウドサービス)などが、この指標に当てはまる急速な成長を遂げています。




資金調達の目的について
今回調達した資金は主に、1)マーケティング投資を本格的に開始 2)アプリなど事業領域拡大に伴う投資及び全職種における採用活動の強化 3)非ECカテゴリ(不動産や金融など)への本格普及やアプリ領域への拡大などで、圧倒的速度で増え続けるデータを解析しながら更にスケールさせられる開発体制の構築 などへの投資を予定しています。
また、北米、台湾、シンガポールなど、一部海外地域での「KARTE」導入が既に始まっており、海外への本格進出に向けた準備及び、「K∀RT3 GARDEN」(カルテガーデン)をはじめとした、研究開発への投資も加速していきます。


引受先の概要(社名)
・フェムトパートナーズ有限責任事業組合
(東京都渋谷区神宮前五丁目53番67号 ゼネラルパートナー:磯崎 哲也)
・Eight Roads Ventures Japan
(東京都港区六本木七丁目7番7号 日本代表:デービッド・ミルスタイン)
・三井物産株式会社
(東京都千代田区丸の内一丁目1番3号 代表取締役社長:安永 竜夫)
・三井住友海上キャピタル株式会社
(東京都中央区京橋一丁目2番5号 取締役社長:石上 壽一)
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社
(東京都中央区内八重洲一丁目3番4号  代表取締役社長:石橋 達史)
・みずほキャピタル株式会社
(東京都千代田区内幸町一丁目2番1号  代表取締役社長:齊藤 肇)
・三菱UFJキャピタル株式会社
(東京都中央区日本橋一丁目7番17号 代表取締役社長:半田 宗樹)


既存株主で追加出資を決定したフェムトパートナーズ有限責任事業組合磯崎 哲也 氏、Eight Roads Ventures Japan デービッド・ミルスタイン 氏 それぞれよりコメント

フェムトパートナーズ有限責任事業組合 ゼネラルパートナー:磯崎 哲也 氏
今や「KARTE」は、解析するトラフィック量が日本有数のサイトと同等にまでなり、プレイドには日本のスタートアップでもトップクラスのメンバーが集結して、素晴らしい企業文化が形成されていると思います。今回の投資を受けて、日本市場での成長をさらに加速するとともに、Webやアプリの歴史を変えるプロダクトにしてまいりましょう!

Eight Roads Ventures Japan 日本代表:デービッド・ミルスタイン 氏
我々が投資してからの三年間、PLAIDのプロダクトはこれまでも常に「違い」を生み出してきました。事業も加速度的に成長を続けており、今回の資金調達に追加投資で参加できることを大変嬉しく思っています。チームの皆さんが描くプロダクトの世界観は今後もより大きく広がっていきます。新しい未来を切り拓き、グローバルなSaaSカンパニーとして成功を収めることを期待しています。


KARTEについて
「KARTE」は、ウェブサイトへ来訪したお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するサービスです。2015年3月にサービスを開始しました。高い拡張性を備えているため、オンサイトに限らず様々なシーンでお客様とのコミュニケーションができることはもちろん、既存サービスとの連携も柔軟で、マーケティングの課題やニーズに合わせた様々な活用が可能です。 KARTEは、あらゆるデータから圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]