logo

ヴイエムウェア、VMware vSphere(R)とVMware vSAN(TM)の最新リリースにより、ハイブリッド クラウド環境の利用体験をさらに向上

・VMware vSphereとVMware vSANが構成するデジタル基盤により、オンプレミスからパブリック クラウドにわたる共通の運用環境を構築

・VMware vSphere 6.7では、シンプルな管理、包括的なセキュリティ、最新アプリケーションへの対応、ハイブリッド クラウド関連機能の強化を実現

・VMware vSAN 6.7で管理の効率化、アプリケーション対応範囲の拡張、プロアクティブなサポートを実現

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、最新版のVMware vSphere(R)とVMware vSAN™を発表しました。業界をリードするハイパーコンバージド インフラ(HCI)ソリューションとして、企業がビジネスに必要不可欠かつ最新のアプリケーションをデータセンタ、エッジ、パブリック クラウド、ハイブリッド クラウドの環境で安全に稼働できるよう支援します。VMware vSphere 6.7とVMware vSAN 6.7はいずれもユーザの使用環境、セキュリティ、対応アプリケーション、ハイブリッド クラウドの管理機能を強化しています。

企業は、拡大するパブリック クラウド、データセンタやエッジのリソースなど、ますます複雑化するテクノロジー環境に直面しています。この複雑さやますます速くなる技術の変化に対応するために、企業は一貫したインフラと運用を提供し、初期設定から安全なデジタル基盤を確立する必要があります。ヴイエムウェアのソフトウェアは統合的なデジタル基盤となるもので、ビジネスや産業を変革するためにアプリケーションやサービスを支えています。また、これらを通じて各顧客向けには、データセンタからクラウド、そしてエッジまでを網羅する柔軟性と安全性に優れた共通の運用環境を提供することで、既存の投資の保護を実現します。

調査会社であるIDC社によると、デジタル基盤を構成するビルディング ブロックとしてのVMware vSphereとVMware vSANは、いずれも業界をリードしています。(1, 2)

VMware vSphere 6.7:ハイブリッド クラウド向けの効率的かつ安全なプラットフォーム
VMware vSphere 6.7に搭載された新機能と機能強化により、ハイブリッド クラウド環境向けの効率的かつ安全なプラットフォームを提供できるよう支援します。この最新版の特長には、管理の大幅な簡素化と効率化、組み込み型の包括的なセキュリティ、より多くのワークロードへの対応強化、ハイブリッド クラウド環境のシームレスな利用体験の強化が含まれます。さらに、人工知能(AI)、機械学習、ビッグデータ、ビジネス クリティカル、クラウド ネイティブ、インメモリ、3Dグラフィックなどのワークロードに対応するユニバーサルなアプリケーション プラットフォームを提供します。

VMware vSphere 6.7の新機能と機能強化は以下のとおりです。

(新機能)VMware vCenter(R)ハイブリッド リンク モード:オンプレミス環境に加え、VMware Cloud on AWSやIBM Cloud、またその他のVMware Cloud Provider Programに参加するパートナのクラウドなどのパブリック クラウドで稼動するVMware vSphereの異なるバージョン間にわたって共通の可視性と管理を実現します。これにより、オンプレミスで稼動するVMware vSphereの現在のバージョンを必要に応じて維持しながら、VMware vSphereベースのパブリック クラウド上で利用する新機能のメリットも享受することができます。
(新機能)シングル リブートとVMware vSphereクイック ブート:シングル リブートでは1度に必要な再起動回数を半減させることでパッチ適用やアップグレードの時間を大幅に短縮するとともに、VMware vSphereクイック ブートではハードウェア初期化の手順を省略することで、再起動時間をさらに効率化します。
(新機能)VMware vSphereパーシステント メモリ:最新の不揮発性メモリの技術革新を活用することで、既存/新規を問わずアプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上します。
(機能強化)最新のワークロード向けにNVIDIA GRID vGPUに対応:GPUで高速化された環境で稼働する仮想マシンの一時停止とレジュームの機能を新たに搭載することで、ホストのライフサイクル管理の強化とエンドユーザの業務中断を最小限にします。VMware vSphere 6.7では、ナレッジワーカー向けのNVIDIA GRID Virtual PC/Virtual Apps、設計やエンジニアリングの担当者向けのNVIDIA Quadro Virtual Data Center Workstationへの対応をそれぞれ強化しています。これにより、VDIワークロードの管理の最適化に加え、管理者がAIや機械学習などNVIDIAのGPUで稼働するその他のワークロードを稼働できるようにします。
(新機能)Trusted Platform Module(TPM)2.0への対応と仮想TPM 2.0:この組み合わせにより、ハイパーバイザとゲストOSの保護と一貫性を大幅に強化します。仮想TPM 2.0は、仮想マシンやホストの改ざん防止、許可されていないコンポーネントのロード防止に加え、ゲストOSのセキュリティ機能の有効化が可能になります。
(機能強化)VMware vSphere Client:最新バージョンとなるHTML 5ベースのvSphere Clientでは、VMware NSX(R)、VMware vSAN、VMware vSphere Update Manager™の管理のための新機能を搭載しているほか、外部の製品への対応も強化されています。


機能強化されたVMware vCenter Server(R) Applianceでは、より効率的な管理機能とパフォーマンスの大幅な向上により、ユーザの利用体験を向上しています。VMware vSphere 6.5と比較してパフォーマンスが向上したことで、VMware vSphere管理者に高速な利用環境を提供すると同時に、時間とコストの大幅な削減が可能になります。パフォーマンスの向上には、以下のようなものが含まれます。

・1秒あたりのVMware vCenterの処理量が2倍に高速化 (3)

・メモリ使用量を3分の1に削減 (3)

・仮想マシンのパワーオンや配置など、DRS関連の運用を3倍も高速化 (3)

VMware vSphereを利用している顧客は、データセンタやクラウドで稼働するアプリケーションの安全性をさらな高めるためにVMware AppDefenseを導入することもできます。VMware AppDefenseは、アプリケーションの意図する動作の理解、意図する状態のモニター、そしてそれらの意図する動作や状態に対してコントロールを試みるような挙動に対するレスポンスの自動化など、vSphereの機能を活用しています。


VMware vSAN 6.7:オンプレミスとクラウドのHCI利用体験を向上
あらゆるHCIベンダーが参画する最大級のハイブリッド クラウド エコシステムのもと、VMware vSANによるHCIを使ってオンプレミスまたはクラウドで稼動するVMware vSphere環境を進化させることができます。HCIにより、効率的な運用による総所有コスト(TCO)の削減と将来のニーズに応じた容易な拡張を実現します。VMware vSAN 6.7は、新しい直感的なインターフェイスを使用して専門知識の習得までの時間を短縮するとともに、高度なモニタリングと分析の機能を通じて、意思決定を高速化します。

VMware vSAN 6.7の新機能と機能強化は次のとおりです。

(新機能)VMware vSphere HTML 5クライアントへの対応:新機能およびVMware vSANの運用に最適化されたワークフローを備えたHTML 5ベースのVMware vSphereクライアントを使用して、VMware vSAN管理者に直感的な統合管理環境を提供します。
(新機能)vCenter ServerからのVMware vRealize(R) Operations™の統合的な健全性チェック:単一の管理画面で、複数のHCI環境のモニターと制御が可能です。VMware vRealize Operations 6.7の機能から、VMware vCenter Server 6.7内に組み込まれた新しい6つのダッシュボードによるVMware vSAN 6.7環境のグローバルな運用ビューを提供することにより、キャパシティ、パフォーマンス、KPI、アラートなどをモニターできるようになります。この機能の利用にはVMware vRealize Operationsライセンスは不要で、VMware vSAN AdvancedまたはVMware vSAN Enterpriseライセンスを利用しているユーザであれば使用可能です。
(新機能)ホストアフィニティとiSCSIフェイルオーバーへの対応:Cassandra、Hadoop、MongoDBなどのアプリケーションや、Windows フェイルオーバークラスタ化されたWindowsサーバ環境などへの対応を拡張します。新しいアプリケーションのサポートに関する追加の詳細については、ヴイエムウェアにお問い合わせください。
(新機能)インテリジェントな自己修復機能:スマート化したリソース割り当てにより、ハードウェア障害などの障害による影響を軽減します。
(機能強化)VMware vSANによる暗号化:FIPS 140-2認証による厳格な米国連邦政府のセキュリティ要件を満たしているため、業務停止などの障害からデータを保護します。


ヴイエムウェアは本日、HCI環境のサポート体制を強化するvSAN ReadyCare™も発表しました。vSAN Support Insightの高度な分析機能が提供するプロアクティブなテレメトリ機能と、ヴイエムウェアのサポート スタッフへの広範な投資を組み合わせることで、問題を回避または迅速に解決し、ダウンタイムを最小限に抑えることで顧客環境のパフォーマンスを維持します。

ヴイエムウェアは、業界をリードするHCIソフトウェア プロバイダとして広く知られており、現在、AWSとIBMを含むパブリック クラウド プロバイダ上位4社のうちの2社にVMware vSphereとVMware vSANを搭載したHCIを提供しています。ヴイエムウェアは強力なパートナエコシステムを通じて、Dell EMCのVxRailやVxRack SDDCソリューションなどのターンキーHCI統合システムから、認定vSAN ReadyNode™ハードウェア リファレンス アーキテクチャ、パブリック クラウドにおけるサービスとしての利用モデルまで、HCIソフトウェアにおいて最も広範な利用オプションに対応しています。


VMware Inc. プロダクト/クラウド サービス担当 最高執行責任者(COO) ラジブ・ラマスワミ(Rajiv Ramaswami)コメント:
「ヴイエムウェアでは、さまざまな受賞歴のあるコンピューティングとHCIのポートフォリオの技術革新を継続することで、ハイブリッド クラウドが顧客にとっての現実の選択肢となるよう支援しています。VMware vSANの急速な普及とVMware vSphereの市場における長期的なリーダーシップという事実は、オンプレミスからパブリック クラウドまで網羅するデジタル基盤の重要性を示すものです」


■ご購入および価格について
VMware vSphere6.7とVMware vSAN 6.7はいずれも、2019年度第1四半期末(2018年5月4日)までに提供開始予定です。

(1) IDC, “Worldwide Virtual Machine Software Market Shares, 2016: Enterprise Virtualization Remains a Datacenter Mainstay,” doc # US42136517, Dec. 2017

(2) Total spending on hyperconverged systems running VMware vSAN software represented 32.4% of total 4Q2017 vendor revenue, which was the largest market share. Source: IDC’s Worldwide Quarterly Converged Systems Tracker, 4Q2017. IDC, Quarterly Converged Systems Tracker, 4Q2017, April 2018

(3) VMware Research based on internal analysis and testing, April 2018


ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアのソフトウェアは、世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのコンピュート、クラウド、モビリティ、ネットワーク、セキュリティの各製品は、世界中で7万5,000社のパートナ エコシステムを通じて50万以上の顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤を提供しています。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なイノベーションの歴史は今年20周年を迎えます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

# # #

VMware、vSphere、vSAN、vCenter、VMware Cloud、NSX、vCenter Server、vRealize、vRealize Operations、ReadyCare、ReadyNodeは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。「パートナ」または「パートナシップ」という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]