logo

顧客行動にあわせたデジタルチケット発行ソリューションの提供を開始第1号案件としてJR九州に提供 ブレインパッドの「Probance」と「eGift System」を連携

 eギフトサービス(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦/以下、ギフティ)は、「gifteeスタンプ」(※2)に対応した法人向けeギフト販売システム「eGift System」(※3)と、株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区/代表取締役社長:佐藤 清之輔/以下、ブレインパッド)が提供するBtoC向けマーケティングオートメーション(MA)「Probance(プロバンス)」を連携し提供を開始致しました。なお、本連携の第1号案件として、2016年10月に「gifteeスタンプ」に対応したギフト販売システム「eGift System」を導入いただきました九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡県福岡市博多区/代表取締役社長:青柳 俊彦/以下、JR九州)に提供を致しましたので、あわせてお知らせ致します。




 ギフティは、『ギフトで、「人と人」「人と企業」「人とまち」をつないでいく。』をコーポレートミッションとし、日頃の「小さなありがとう」という気持ちと一緒にオンライン上で簡単にギフトを贈ることができるカジュアルギフトサービス「giftee」(※4)の運営および法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」を提供するSaaS事業を主力事業として展開しております。また、2016年4月に「giftee」を基盤とした新たな法人向けソリューションである「giftee for Business」の提供を、2016年5月には電子地域通貨システム「Welcome!STAMP」の提供を開始するなど、eギフト事業で培った技術を活用し新規事業の展開も積極的に進めております。

 この度のブレインパッドの「Probance」とギフティの「gifteeスタンプ」に対応した「eGift System」の連携により、企業が顧客に対してeギフト(デジタルチケット)を送る際に、誰に発行するのかをセグメントできるようになります(連携イメージ1.セグメント”参照)。さらに、チケットの発行タイミングを顧客それぞれの行動に基づき、パーソナライズができるようになります(連携イメージ2.トリガー”参照)。

 JR九州は、2017年7月に、お客さまのライフスタイル全般をカバーするポイントサービスとして複数あったポイントサービスを「JRキューポ」に統合しました。現在、「JRキューポ」では、取得したデータをより細やかなマーケティング活動に活かしています。その施策の一環として、本連携ソリューションを導入いただき、「Probance」を活用し、鉄道に加えてJR九州グループ関連施設の利用を促進するパーソナライズコミュニケーションを実施しており、各施設で利用できるチケットを「eGift System」で発行しています。具体的には、JR九州のネット予約で特定の駅に到着する鉄道チケットを購入したお客様に対して(1.セグメント)、旅先のJR九州グループの関連施設などで利用可能なデジタルチケットを出発前日に(2.トリガー)メールで送信します。

 本連携ソリューションの導入に際し、JR九州 総合企画本部 経営企画部 グループマーケティング室 室長 相良 周平様より、以下の通りコメントをいただいております。「当社は、「JRキューポ」へのポイントサービス統合を機に、鉄道利用に加えて駅ビルなどのJR九州グループの様々なサービスへの利用促進を図るため、お客さまごとにパーソナライズした情報発信を開始しました。これまでも株式会社ギフティの「eGift System」は活用していましたが、「Probance」と連携することにより、お客さまの旅に対する高揚感・意識が最も高くなる出発前日などのタイミングに、自動でチケットを配信できるようになりました。また配信したチケットは店舗に設置する株式会社ギフティの電子スタンプ「gifteeスタンプ」を活用することにより確実に消し込みができ、また実績についても、メール送信・開封から実際の来店使用まで即時に把握可能となり、配信タイミングを細かく調整することもスムーズに対応できるようになりました。現在は、一部の駅や施設の組み合わせで施策を開始していますが、適切な人に適切なタイミングでデジタルチケットを送ることで、Webから店舗にお客様を誘導できる手応えを充分に感じています。今後さらに、「Probance」と「eGift System」を組み合わせた施策を拡大していきたいと考えています」

 ギフティは、eギフトおよび「eGift System」の普及に努めるとともに、デジタルマーケティングの仕組みを有する企業と積極的に連携を図り、引き続き、企業と顧客間でのコミュニケーションの活性化にデジタルとリアルの両側面から貢献してまいります。

(※1) eギフトサービスとは、オンライン上でデジタルのギフトチケットを購入して送り、そのチケットを店頭で商品と引き換えることができるサービスです。
(※2)「gifteeスタンプ」とは、2015年11月27日よりギフティが提供開始した、高セキュリティで電池不要の電子スタンプです。スマートフォンなど電子端末の画面に、電子スタンプを直接タッチするだけで、eギフトを個別に照合し、使用済みと反映して処理することが可能です。
(※3)「eGift System」とは、ギフティが法人向けに提供するギフト販売システムです。導入企業は、自社サイトでeギフトサービスを運用することができます。
(※4) 「giftee」とは、ギフティが運営しeギフトを販売するWEBサービスです。

■ Probance(プロバンス)と「gifteeスタンプ」に対応した「eGift System」連携イメージ

[画像: リンク ]


■ Probance(プロバンス)について リンク
 ブレインバッドが提供するProbanceは、機械学習を搭載し、Predictive Communication(顧客ニーズを予測するコミュニケーション)を実現するBtoC向けマーケティングオートメーションプラットフォームです。顧客属性や取引データ、行動データなど、BtoC企業が保有する膨大で多様なデータを安全かつ高速に処理し、機械学習アルゴリズムを用いて、個客一人ひとりの趣味・嗜好に基づいたレコメンド施策を実行します。さらに、オンライン・オフラインを統合したクロスチャネルマーケティングで、真のOne to Oneコミュニケーションを実現します。

■ 九州旅客鉄道株式会社について
本社所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目25番21号
設立:1987年4月
代表者:代表取締役社長 青柳 俊彦
資本金:160億円
事業内容:旅客鉄道事業、貨物鉄道事業、海上運送事業、旅客自動車運送事業、旅行業ほか
URL:リンク

■ 株式会社ブレインパッドについて
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 佐藤 清之輔
資本金:332百万円(2017年12月31日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス
URL:リンク

■株式会社ギフティについて
 ギフティは、日頃の感謝の気持ちを伝える手段として、気軽にギフトを贈る習慣や文化を創出することを目指し、より多くの方にご利用されるギフトサービスの提供とその拡充に取り組んでいます。ギフティが運営するカジュアルギフトサービス「giftee」は、現在、会員数が91万人(2018年3月末時点)を超え、国内No.1のカジュアルギフトサービスとして、利用者数が増加しています。また、全国33,000店舗以上の商品を取り扱っており、コーヒーショップやコンビニエンスストア、レストランなどの商品の中から、多様なシーンにあわせギフトを選ぶことができます。当社のギフト商品の平均販売価格は、約600円。贈り先に負担を感じさせず、気軽にLINEやメールで贈りあえる、手頃なギフトが充実しています。

社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-10-25 斎征池田山5F
設立: 平成22年8月10日 (サービス開始:平成23年3月)
代表者: 代表取締役 太田 睦
資本金: 880,610,000円(資本準備金含む)
事業内容:カジュアルギフトサービス「giftee」の運営、法人を対象としたギフト販売システム「giftee e-Gift System」(SaaS)事業、「giftee」を基盤とした法人向けソリューション「giftee for Business」事業、電子地域通貨システム「Welcome!STAMP」事業の展開
URL: 株式会社ギフティ リンク
カジュアルギフトサービス「giftee」 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。