logo

【パートナー募集】スマホ向けOSのアメグミ、Orange Fab AsiaとAIアクセラレータ採択、初期アプリ導入など他社との連携を強め年内インド市場での販売開始見込み

株式会社アメグミ 2018年04月17日 11時01分
From PR TIMES

スマホ向けOSのアメグミ(代表者:常盤)は、Orange Fab AsiaとAIアクセラレータに採択されたことをお知らせいたします。年内ではインド市場向けに5000台の販売を予定していますが今後も広く、初期アプリ、販路開拓、次ステージ資金調達など多くのパートナーの方との連携を検討してまいります。



[画像: リンク ]


スマホ用OS「SUNBLAZE OS」を開発するアメグミは、AI・人工知能ベンチャー支援制度AI.Acceleratorと、Orange Fab Asia東京プログラムに採択された。

日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」4期生7社を採択 ~2018年6月開始予定の5期募集をスタート~
リンク

Spring 2018 season of Tokyo program kicked-off!
リンク

弊社の目的としては、他社の初期アプリの導入や、販路開拓、次ステージの資金調達のための準備としており、現在は日本国内だけでなく海外アクセラレータも積極的に探している。

すでにある程度の生産の準備ができつつあるため、今年中に5000台からインドで販売する方向で動いている。

◇株式会社アメグミについて
2016年10月設立。Hard Worker(努力して働く人々)が利用するスマートフォン向けのOSを開発。これまでSkyland Ventures、個人投資家の山本真司氏、川田尚吾氏、本田謙氏から出資を受けている。
問い合わせ:株式会社アメグミ 常盤 eisuke.tokiwa[at]amegumi.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]