logo

業務用ドライブレコーダーと小型カメラユニットのセットモデルを発売

~前方と、車室内もしくは後方の映像を同時に録画でき、“ながら運転”や“あおり行為”対策などへの活用が可能~



商 品 名:ドライブレコーダーユニット
型 番:ND-DVR30-BF
希望小売価格:オープン価格
発売時期:4月中旬

[画像1: リンク ]

※「ND-DVR30-BF」は、業務用ドライブレコーダー「ND-DVR30-B」と小型カメラユニット「ND-FLC1」を組み合わせた商品です。

 近年、スマートフォンを操作しながらの“ながら運転”や前方車両への“あおり行為”など、交通事故につながりかねない危険な運転に対して、取り締まりの強化や道路交通法における罰則の強化が検討されています。

 パイオニアは、そのような状況の録画に対応した業務用ドライブレコーダーと小型カメラユニットのセットモデル「ND-DVR30-BF」を発売します。本機は、ドライブレコーダーで車両の前方を撮影しながら、小型カメラユニットで車室内もしくは車両後方を撮影し、同時に録画することができます。万が一の事故や危険挙動時、危険運転などの様子をしっかり録画できるほか、車室内撮影においては、ドライバーがカメラを意識することによる“ながら運転”などの抑止効果も期待できます。2つのカメラで撮影した映像は、2画面同時表示が可能な専用ビューアー(無料)で確認・管理することができます。

「ND-DVR30-BF」商品ページ リンク

【主な特長】
1) 車両前方と、車室内もしくは車両後方の同時録画が可能
 ドライブレコーダーと小型カメラユニットで、車両の前方と車室内もしくは車両後方の様子を同時に録画することができます。ドライブレコーダーは、300万画素のCMOSセンサーを搭載しており、フルHD(1920×1080p)画質で広範囲の前方風景を撮影できます。小型カメラユニットは、記録画角が広角であることに加え、必要な位置に取り付けられる3種類の取付ブラケットを同梱しているので、ドライバーの手元や、車両後方の状況を幅広く録画することができます※1。また、赤外線LEDを内蔵しており、暗い車室内もしっかり録画できます。

※  小型カメラユニットで撮影した映像の録画はVGA画質になります。
※1 取付条件により幅広く録画できない場合もあります。

<車両前方と車室内を撮影する場合>

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


<車両前方と後方を撮影する場合>

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


2) 専用ビューアーで一括管理が可能
 2画面同時に表示できる専用ビューアー(無料:当社ホームページから入手可能)で、同期された車両前方の映像と車室内もしくは車両後方の映像を確認できます。簡単に映像を検索できるように、事故時や危険挙動時の映像(イベント録画)が記録されたファイルに注意マークを表示するとともに、映像が撮影された場所を地図上に表示するため、業務車両の事故削減につなげるためのドライバーへの指導などにも活用できます。
[画像7: リンク ]

                      【前方+車室内】


[画像8: リンク ]

                       【前方+後方】

3) 業務用途に配慮した録画機能
 一般車両よりも稼働時間の長い業務車両向けに、2つのカメラ使用時に最大30時間の連続録画が可能です(1つのカメラ使用時は最大62時間)。重大事故時の映像だけでなく、急加減速や急ハンドルなどの危険挙動時の映像も自動で保存します。

4) 急加減速や急ハンドルなどの危険挙動を検知、警告し、安全運転をサポート
 危険挙動(急加速、急減速、急ハンドル、速度超過)を検知すると音でドライバーに警告し、安全運転をサポートします。

5) その他の特長
・逆光や夜間、トンネルの出入り口など、明暗差の激しい場合の映像を補正する「WDR」機能
・LED信号機もしっかり記録できるフレームレート27.5fpsを採用
・ドライバーの誤操作によるデータ消去や設定変更を防ぐ「操作ロック」機能
・SDカードの紛失を防ぐ「SDカードスロットカバー」
・複数の業務車両に同一の初期設定をコピーできる「SDカード一括設定」機能

※ 録画した映像は設定時間(1分、3分、5分)単位で1ファイルとして記録され、microSDHCカードの容量が無くなると、古いファイルから上書きします。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。