logo

コンカー、日本市場向け分析レポートを提供開始 ~電子帳簿保存法など独自業務プロセスにも対応、日本企業の間接費管理の更なる高度化を支援~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、日本企業の更なる間接費管理の高度化を支援すべく、日本企業の業務プロセスに即した日本市場向け分析レポートの提供を本日開始しました。

グローバル市場で日本企業がビジネス価値を最大化するためには、迅速かつ適切な経営の意思決定が不可欠であり、中でも経費支出プロセスの可視化・分析による経費の適正化、ガバナンス強化、業務効率化は重要な要素となっています。コンカーでは企業のグローバル展開を支援するため、世界約4万社での使用実績と知見をもとに、約200種類の分析レポートを提供しています。

今回、全世界で提供している分析レポートに加え、2017年1月より運用開始となった電子帳簿保存法など、日本企業独自の業務プロセスや日本のお客様ニーズを反映した日本市場向け分析レポートの提供を開始、日本企業の間接費管理の高度化を支援します。

日本市場向け分析レポートは以下の通りです。(分析ツール「Concur Business Intelligence」の契約が必要です)

[経費精算・経費管理クラウド「Concur Expense 」対応レポート]
●領収書添付率
 内容:申請者の電子領収書の添付状況
 目的:電子帳簿保存法対応の検討、対応後の運用状況の確認
●領収書確認率
 内容:承認者の電子領収書の内容確認状況
 目的:電子帳簿保存法対応の検討、対応後の運用状況の確認
●経費明細一覧(電子帳簿保存法対応企業向け)※1
 内容:特定の支払先に対する経費明細の一覧
 目的:税務調査時に使用する明細検索
●未承認・未提出・未割当の経費一覧(2018年5月 提供開始予定)
 内容:すべての承認前経費(未割当、未提出、未承認)
 目的:決算前の経費支出見込の把握
●交通系ICカード利用率(2018年5月 提供開始予定)
 内容:交通系ICカード登録状況、利用率
 目的:交通系ICカード連携によるガバナンス強化と、生産性向上のレベル確認
[請求書管理クラウド「Concur Invoice」対応レポート]
●支払先金額ランキング
 内容:ベンダー別支払額
 目的:集中購買の交渉、新規ベンダー選定、ベンダー取引の不正有無の把握
●請求書明細一覧(電子帳簿保存法対応企業向け)(2018年5月 提供開始予定)※1
 内容:特定の支払先に対する経費明細の一覧
 目的:税務調査時に使用する明細検索
[出張管理クラウド「Concur Travel」対応レポート]
●航空券の発券日と運賃分析(2018年5月 提供開始予定)
 内容:航空券発券日と運賃の分布
 目的:早期発券の実績、取引価格の妥当性を確認し、コスト削減の余地を把握

※1 Concur Business Intelligenceの契約は不要です

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。
「日本企業の利益率を向上するためには、間接費の戦略的な管理が必要であり、経費発生から支出までのプロセスをデータ化し、分析することが適切な経営判断に繋がります。SAP Concurの25年にわたる出張・経費管理分野の知見と日本市場での経験を反映した分析レポートにより、お客様がデータから貴重な洞察を迅速に得ることで企業価値を向上できるよう、ご支援していきたいと考えています」

■株式会社コンカーについて
世界最大の出張・経費管理クラウド SAP Concur の日本法人で、2010年10月に株式会社サンブリッジとジョイント・ベンチャー方式で設立されました。『Concur Expense(経費精算・経費管理)』・『Concur Travel(出張管理)』・『Concur Invoice(請求書管理)』を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供しています。
コンカーの詳細については リンク をご覧ください。

■SAP Concurについて
20年以上にわたり、出張・経費・請求書・コンプライアンスそしてリスクなどの間接費に関するすべての管理を自動化することで、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAP Concurの世界標準の知見と業界トップのイノベーションは、多種多様なパートナーとアプリケーションのエコシステム、従業員のムダな時間削減を支援するソリューションや最先端の技術、そして包括的な出張・経費データの活用を通じ、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。ユーザーフレンドリーですぐにビジネスに活用できるSAP Concurのソリューションは、ビジネス課題の複雑性を低減と間接費の可視化を促進することで、企業に強力な洞察力を与え、積極的な間接費管理を実現します。詳細はリンクまたはSAP Concur ブログをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。