logo

日本初のAI契約レビュー「AI-CON」正式版サービス開始

GVA TECH株式会社 2018年04月16日 12時01分
From PR TIMES

~アップして待つだけ!契約リスクをオンラインで判定、NDA無料キャンペーン中~

AI契約レビュー「AI-CON」を開発・運営するGVA TECH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役山本俊、以下当社)は、2018年4月16日(月)、専門知識がなくても、手間なく簡単な契約書レビューを可能にする「AI-CON」(リンク)正式版のサービスを開始しました。






[画像1: リンク ]



【サービスの特徴】
「AI-CON」(アイコン)は、AIとクラウドを最大限活用し、これまで面倒で難しかった契約書レビューを、可能な限り自動化し、契約をより簡単で身近なものへと変えるために開発されたAI契約書レビューサービスです。契約書をアップするだけで1営業日以内に条文ごとのリスク評価や修正例などのフィードバックをもらえます。

【開発に至った背景】
日本国内の契約締結数は膨大な数に上る一方、契約書のレビューについては専門性が高いため、弁護士に依頼するとコストが高く、スピード感も期待できないものとなっております。さらに、会計領域においては「MFクラウド会計」や「freee」のようなクラウド会計が発展してきていますが、契約書の分野ではWordファイルもしくは紙文化が主流で未だにクラウド化が進んでおらず、クオリティ、スピード、コストのバランスがとれないという問題を抱えております。

なお、現状は自動化の精度がまだ高まっていないことから、弁護士の最終チェックが必須のため、GVA法律事務所が「AI-CON」を活用したユーザーへの直接の提供者となっております。

2017年秋頃からクローズドβ版、2017年末頃からオープンβ版を運用し、ユーザーからのフィードバックを蓄積し、「AI-CON」の改善を続けてきましたが、いよいよ「AI-CON」正式版のリリースという流れになりました。

【ユーザー様の声(一部抜粋)】
ユーザー様からのフィードバックの一例は次のとおりです。
「レビューが来るタイミングがすごく早くて感動しました。有利不利がグラフで分かるので、契約書を読み慣れていない私でもわかりやすいです。」

「条項がどのような意味があるのかをコメントによる解説があるのでとても理解が早かったです。」

「条項の修正例が載っており、これをそのまま相手に提案することもできるので使っている側が頭を動かすことがないので大変ありがたいです。」

【AI-CONの最大の特徴】
最大の特徴は、契約書のリスク判定機能です。従来、条文を読み込むことによって法的な意味を判別しなければならないものを「不利」「やや不利」「適切」「やや有利」「有利」の5段階の指標を使うことによって、法律の専門家以外でも直感的に法的な意味を理解することができるようになります。


[画像2: リンク ]



今後は、「自社のテンプレートと取引先からの契約書を比較できる機能」や「自社の条文をAI-CON内にストックできる機能」を開発・リリースして行く予定となっております。


【AI-CONの機能と価格】
「AI-CON」は、AIとクラウドにより専門知識がなくても、手間なく簡単に契約書レビューを可能にするサービスです。(URL:リンク)

具体的には次のような機能と特徴を備えております。

1、契約書をアップロードして待つだけ。1営業日以内のフィードバック。
「AI-CON」に契約書をアップロードするだけで、1営業日以内でフィードバックが戻ってきます。

2、5段階の指標を活用。法的意味を直感的に理解可能に。
フィードバックの画面は、条文ごとに「不利」「やや不利」「適切」「やや有利」「有利」の5段階の指標を使っています。そのことにより、法律の専門家以外でも直感的に法的な意味を理解することができるものとなっております。

3、自社により有利にする条項案も確認できる。
自社に「不利」「やや不利」と評価された条項については、より自社に有利な条項案についても確認が可能です。条項案を参考に自社で条文の修正を行い、契約締結交渉を有利に進めることができます。

4、抜けている条文についてもアラートが出て安心。
当該類型の契約書に通常含まれている条項がない場合には、アラートがでるようになっているため、本来あるべき条項が漏れるリスクを最小化します。

5、価格は1通1万円、NDAは無料キャンペーン中。
現在はリスク判定の精度を重視してGVA法律事務所の弁護士も稼働をしていることから価格は1通1万円で提供させていただきます。今後は、より自動化の精度を上げて価格を下げていくことを目指していきます。


[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


【対応契約類型と今後追加される機能】

■リスク判定対応契約類型
秘密保持契約(NDA)、業務委託契約、人材紹介契約、システム開発契約、保守契約、ライセンス契約、販売代理店契約、アドバイザリー契約、コンテンツ制作契約、オフィス賃貸借契約、製造委託契約、広告代理店契約、SaaS利用規約等
[画像5: リンク ]


■今後追加される機能
・自社のテンプレートと取引先からの契約書を比較できる機能
・自社の条文をAI-CON内にストックできる機能
・不利な条項と自社に有利な条項とを差し替えてWordに反映できる機能


<本件に関するお問い合わせ先>
広報担当:山本、香月
E-mail:s.yamamoto@gvatech.co.jp

■ GVA TECH株式会社の概要
会社名:GVA TECH株式会社
会社サイト:リンク
代表者:代表取締役 山本 俊
設立日:2017年1月4日
資本金:6552万7165円(資本準備金含む)
所在地:東京都渋谷区恵比寿西一丁目7番7号EBSビル3階

■ GVA TECHの理念
「The Legal Service for YOU」
現在のLegal Serviceの多くは専門性が高く、難易度に比例してコストが高くなってます。
そのため、起業直後のスタートアップやフリーランス、一般の人がLegal Serviceの提供を受けることを困難にしています。
また、弁護士等の専門家の観点からしても、Legal Serviceの難易度や手間を考慮してクオリティを維持したまま、 コストを下げることには限界があります。そこで、私たちは、AIやITのテクノロジーによりそれぞれの人や企業に適したLegal Serviceを提供できる未来の実現を目指します!

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]