logo

外国人向け仲介を強化する多言語不動産ホームページ制作パッケージ『Japan-Propertyクラウド』がお得な導入キャンペーンを開始

アークライズ株式会社 2018年04月16日 11時01分
From PR TIMES

クラウドサービスにより多言語不動産ホームページを「低コスト・短期間」で開設!

アークライズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 渡邊大輔、以下アークライズ)は、2018年4月12日、外国人向け不動産仲介における集客強化のための多言語不動産ホームページ制作パッケージ『Japan-Propertyクラウド』をお得に導入できるキャンペーンを開始しました。



[画像1: リンク ]

少子高齢化の影響が表面化しつつあるいま、外国人富裕層による不動産購入や、年々増加する外国人労働者や留学生向けの賃貸など、今後急速に拡大するであろう「外国人向け不動産賃貸・売買市場」へ参入する不動産会社様も増加傾向にあります。

外国人向け不動産仲介の強化や早期新規参入を考えている不動産会社様は先行者メリットを享受できる状況にありますが、ニーズを持った外国人を効率的に集客していくには多くの課題があります。

例えば、一般的に多言語ホームページの制作には多額の開発費が掛かることや、集客に重要なSEO対策においても、日本語だけのホームページであれば対策を行える制作会社は数多く存在しますが、多言語Webサイト構築の場合は、プラスアルファのノウハウが必要となるため業者選定は更に難しくなります。
また、ホームページ完成後の運用においても、掲載物件の翻訳の手間やコストなども考慮しておく必要があります。

そこで、これらの課題を解決しつつ、不動産会社様が「低コスト・短期間」で自社専用の多言語不動産ホームページを開設できるクラウドサービス『Japan-Propertyクラウド』を提供してるアークライズでは、今後の外国人向け不動産取引市場の更なる活性化を目指し、『Japan-Propertyクラウド』をお得に導入できるキャンペーンを開始いたします。

中長期的戦略として、自社専用サイトで効果的に集客を行うことで、将来に向けた空室率改善や売買取引の活性化に繋げていただければ幸いです。


■『Japan-Propertyクラウド』の特長

[画像2: リンク ]



日本語で物件情報を登録すれば、自動で英語、中国語(繁体字・簡体字)、タイ語に変換されるため、不動産会社様で翻訳手配する手間やコストを大幅に削減できます
登録した物件は外国人向け不動産ポータルサイト『japan-property.jp』にも自動連動掲載されるため広告費をかけずに集客ポイントを増やせます
スマートフォンやタブレットからの閲覧に最適化されたレスポンシブ対応、常時SSL、ブログ投稿機能、独自ドメイン対応など様々な機能が盛り込まれております



■ キャンペーン概要
本キャンペーンにより、多言語不動産ホームページ制作パッケージの『Japan-Propertyクラウド』が初期費用割引+月額利用料が6ヵ月間無料で導入いただけます。
リンク


■お問い合わせ先
アークライズ株式会社
担当:渡邊
TEL: 044-873-2852 E-mail: service@japan-property.jp
お問い合わせフォーム:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。