logo

幻冬舎×阪急百貨店うめだ本店 クオリティ志向の女性のための、ファッションウェブマガジンがスタート!

株式会社 幻冬舎 2018年04月12日 16時00分
From PR TIMES

百貨店の“目利きバイヤー”たちの情熱を、ファッション雑誌クオリティのウェブ記事で発信

幻冬舎が、阪急百貨店うめだ本店の女性ファッション自主編集売場とタッグを組んで、ウェブコンテンツシリーズ「D-story by GENTOSHA」をスタート。阪急百貨店のウェブサイトHANKYU FASHIONや会員向けメールマガジンなどで毎月公開されます。



[画像1: リンク ]



株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城 徹)は2018年4月4日より、阪急百貨店とコラボレーションしたファッションコンテンツシリーズ「D−story by GENTOSHA」を、阪急百貨店のウェブサイトや会員向けメールマガジンなどで毎月リリースしていくことになりました。ターゲットは「おしゃれを楽しむクオリティ志向の大人の女性」。企画で扱うカテゴリーは、“最先端モード”“クリエイティヴ・モード”“コンテンポラリー・スタイル”“パーティスタイル”“デニム”“スーツ”“Sサイズ”“Lサイズ”“ランジェリー”の9つで、ファッション雑誌仕立ての記事が、月2回刊で公開されます。


[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


阪急百貨店うめだ本店では、目利きファッションバイヤーたちがコンセプト作りや商品セレクト、イベント企画などを担う自主編集売場が好調。そのバイヤーたちのビジョンやメッセージをもとに、人気モデルやインフルエンサーらが登場するオリジナル企画を制作していきます。編集プロデュースは元・GINGER編集長の片山裕美(幻冬舎)が担当いたします。
4月4日公開のコンテンツでは、メイン企画に大人世代の女性に絶大な人気を誇るモデルの佐田真由美さんがモードな着こなしで登場。ほかにも、さまざまな人気ファッション誌で活躍し女優としても注目の野崎萌香さん、昨年書籍も発売した人気インスタグラマーの田中彩子さんらが登場。4月後半は18日に公開予定です。
モードを理解し、かつ、お客様目線を忘れない老舗百貨店の最強バイヤーと、熱いメッセージを伝えるコンテンツ・メーカーである幻冬舎がタッグを組み、百貨店にしか発信できない企画を今後作ってまいります。ご期待ください。


D-story TOP
リンク

D.EDIT(最先端モード)
リンク

D-LAB(クリエイティヴ・モード)
リンク

LOBBY FOR WOMEN(コンテンポラリー・スタイル)
リンク

PARTY & DRESS UP STYLE(パーティスタイル)
リンク




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。