logo

狩撫麻礼追悼特別刊行『ダークマスター オトナの漫画 完全版』超ボリュームで4月12日発売



株式会社KADOKAWAは、2018年4月12日(木)に『ダークマスター オトナの漫画 完全版』を発売いたします。2018年1月に急逝した漫画原作者・狩撫麻礼(かりぶ・まれい)が、作画・泉晴紀(いずみ・はるき)と重量級タッグ組んで放つ、幻の「オトナの漫画」集。初単行本化作品を大量に収録し、超ボリュームで緊急追悼刊行いたします。
[画像1: リンク ]

2018年1月に急逝した漫画原作者・狩撫麻礼に捧げる追悼特別刊行――。狩撫麻礼が自ら望んで指名した泉晴紀とのタッグが生み出した名作『オトナの漫画』の完全版を260ページ以上の未単行本化の原稿も加えて超ボリュームでお届けいたします。
巨匠たちが「人間」をさまざまな角度から描き抜いた重量級短篇集です。

◆各話タイトル
ダークマスター/カウントダウン/葉っぱのおカネ/シェルター/安息の地/水中花/ミッション あるいは伝道/FLYINGパウダー/心療内科/見る前に跳べ/続・ファイトクラブ/東洋の神秘/遠くから呼ぶ声あり/人間消失/口述絵画/タクシー夜話/日替わり人生/ポイント制/オッパイ説/最狂アシスタント/唯うつ論/一身にして二生を経る/眠らぬ男/過去視線/SELFLESSNESS
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

狩撫麻礼(かりぶ・まれい)
1979年、『East of The Sun, West of The Moon』(画 大友克洋)で原作者としてデビュー。主な作品に、『青の戦士』(画 谷口ジロー)、『迷走王 ボーダー』(画 たなか亜希夫)、『ハード&ルーズ』(画 かわぐちかいじ)他多数。
1996年以降は、ひじかた憂峰、土屋ガロン、marginal、ダークマスターなど数多くの別名で活動。
1986年、『ア・ホーマンス』(画 たなか亜希夫)が松田優作監督・主演で映画化、『ルーズ戦記 オールドボーイ』(画 嶺岸信明)が、2003年パク・チャヌク監督、2013年スパイク・リー監督で、それぞれ映画化(パク監督作は第57回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ)、2018年、『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』(画 いましろたかし)が山下敦弘監督・山田孝之主演で映画化されるなど、映像化された作品も多い。
2018年1月7日逝去、享年70。

山田孝之主演 映画『ハード・コア』2018年全国公開予定
リンク

ビームコミックス
『ダークマスター オトナの漫画 完全版』
原作:狩撫麻礼
作画:泉晴紀
2018年4月12日発売、定価(本体1,650円+税)
発行:株式会社KADOKAWA

コミックス詳細
リンク
コミックビーム公式サイト
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。