logo

音の基本性能をさらに高め、HDR*/4K映像伝送やBluetooth(R)にも対応した5.1ch AVレシーバー ヤマハ AVレシーバー 『RX-V385』

ヤマハ株式会社は、384kHz/32bit D/Aコンバーターの採用などにより定評ある音の基本性能をさらに高めるとともに、HDR/4K映像伝送やBluetooth(R)オーディオ送受信にも対応した5.1ch AVレシーバー『RX-V385』を4月下旬より全国で発売いたします。
*:HDR(ハイダイナミックレンジ)映像伝送=従来よりも幅広い明暗のダイナミックレンジを持つ映像信号の伝送を可能にする技術。



[画像1: リンク ]


<価格と発売時期>
品名/モデル名/色/本体価格/当初月産予定台数/発売時期
AVレシーバー/RX-V385/(B)ブラック/48,000円(税抜)/11,500台/4月下旬


<製品の概要>
今回発売する『RX-V385』は、音の基本性能をさらに高める2chステレオ仕様の384kHz/32bit D/Aコンバーターを搭載したD/Aセクション、フロントバイアンプ*1対応パワーアンプ、ピュアオーディオ再生に適したダイレクトモードなどを新たに装備した5.1ch AVレシーバーです。ベーシックモデルでありながら、Dolby Vision™*2やHybrid Log-Gamma*3などのHDR映像伝送、BT.2020*4規格、HDCP2.2*5(全入出力)、4K/60p*6映像信号、eARC*7に対応した4入力/1出力のHDMI端子を装備し、最新の4K映像ソースも画質を損なうことなく再生できます。さらに、臨場感あふれるシアター空間を創出する独自の音場創生技術「シネマDSP」、お使いになる部屋の音響特性に合わせて音場・音質を自動調整する視聴環境最適化システム「YPAO」、便利なBluetooth(R)オーディオ送受信機能など、オーディオ&シアターライフの質を高める装備も充実させました。

*1:フロントバイアンプ=メイン(フロント)用とサラウンド用の2組のパワーアンプで1組のメイン(フロント)スピーカーを駆動する接続方式。
*2:Dolby Vision™(ドルビービジョン)=ドルビーラボラトリーズ社が開発したHDR技術。
*3:Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ)=NHKと英国BBCが共同提案するHDR方式。
*4:BT.2020=ITU-R勧告に定められたUltra HDTV(4K/8K)の色域規格。
*5:HDCP2.2=4K映像伝送に対応した最新のデジタル著作権保護技術。
*6:4K/60p= 4K(4,096×2,160 画素) の解像度を持つ映像を、1秒間に60コマで表示すること。
*7:eARC=テレビと本機とを1本のHDMIケーブルで接続し、テレビに入力されたロスレス音声やオブジェクトオーディオを含むテレビ側音声を本機へ伝送できる機能。※ファームウェア更新により対応予定。


<主な特長>
1.2chステレオ仕様の384kHz/32bit D/Aコンバーター、フロントバイアンプ対応パワーアンプなどにより高音質を追求
ヤマハHiFiプリメインアンプやAVレシーバーの上位機種にも使用される2chステレオ仕様のバーブラウン384kHz/32bit*D/Aコンバーターを3基搭載したほか、ブロックケミコンをはじめとするパーツの再選定、上位機種と同等のプリント基板パターンや電源構成の採用などにより、音の基本性能を妥協なく追求しました。また内蔵の5chパワーアンプは、2.0ch~3.1chスピーカー接続時にさらなる音質向上が期待できるフロントバイアンプ接続に、このクラスとして初めて対応しています。さらに、サラウンドプロセッサーやトーンコントロールをバイパスして音声信号の経路を最短化し、ピュアオーディオソースなどをより高純度な音質で再生するダイレクトモードも新たに装備しました。
*:本機で再生可能なファイルフォーマットは最大192kHz/24bitです。

[画像2: リンク ]

2.HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングに対応した4入力/1出力のHDMI端子
HDR映像伝送やBT.2020映像伝送、HDCP2.2、4K/60p 4:4:4 映像信号のパススルー/4Kアップスケーリングに対応する4入力/1出力のHDMI端子を装備しました。映像の色域とダイナミックレンジを大幅に拡大して華やかな色彩や豊かなディテールを再現する高画質化技術「Dolby Vision™」や、放送局が推奨するHDR方式「Hybrid Log-Gamma」にも全端子で対応し、Ultra HD Blu-rayプレーヤーなど複数の対応機器を接続して画質を損なうことなく楽しめます。

3.臨場感あふれるシアター空間を創出する「シネマDSP」と、設置環境を選ばない充実のバーチャルサラウンド機能
独自の音場創生技術「シネマDSP」を活かした臨場感あふれるシアター空間の創出は、ヤマハAVレシーバーならではの大きな特長です。本機には映画や音楽、テレビ放送、ゲームなどさまざまなソースに合わせて最適化した17種類の多彩なサラウンドプログラムを装備しました。サラウンドスピーカーを後方に設置する通常の5.1chスピーカー構成はもちろん、サラウンドスピーカーを含む5.1chスピーカーすべてをフロント側に設置して5.1chサラウンドが楽しめるバーチャルシネマフロント、サラウンドスピーカーを使用しない2.0ch~3.1chスピーカー構成で豊かな臨場感が得られるバーチャルシネマDSPも搭載し、後方にスピーカーが設置できない環境でも本格的なホームシアターを実現します。さらに、お使いになる部屋の音響特性に合わせて音場・音質を自動調整する視聴環境最適化システム「YPAO」(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)も装備しています。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

4.ワイヤレス音楽再生を手軽に楽しめるBluetooth(R)オーディオ送受信機能と、音を豊かにするミュージックエンハンサー
スマートフォンやタブレットなどの音声を本機でワイヤレス再生(受信)したり、本機の音声をBluetooth(R)対応ヘッドホンやスピーカーなどで聴ける(送信)、Bluetooth(R)オーディオ送受信機能を搭載しました。ヤマハ独自のBluetooth(R)対応ミュージックエンハンサー*と組み合わせれば、Bluetooth(R)の圧縮音声をより魅力的なサウンドで蘇らせます。
*:ミュージックエンハンサーはBluetooth(R)送信時には作動しません。

【RX-V385 その他の特長・機能】
●フロントUSB&アナログ音声入力端子●メインスピーカーにコンパクトスピーカーを使用する場合やサブウーファーなしのシステムでも力強く躍動感のある低音を再現するExtra Bass(エクストラベース)●再生音量に応じてDSP効果を自動調整し、常に最適な臨場感が得られるA-DSP技術●入力ソースやボリューム位置に合わせてダイナミックレンジを自動調整し、小音量再生時にも明瞭なサウンドが楽しめるA-DRC技術●40局プリセット対応ワイドFM/AMチューナー●よく使う映像ソースや音場プログラムの組み合わせを呼び出したり、テレビやレコーダーを連動して起動できるSCENEボタン●テレビと本機とを1本のHDMIケーブルで接続し、テレビに入力されたロスレス音声やオブジェクトオーディオ(Dolby True HD、DTS-HD Master Audio対応)を含むテレビ側音声を本機へ伝送できるeARC(エンハンスド・オーディオリターンチャンネル)※ファームウェア更新により対応予定●HDMI接続した他社製テレビ/レコーダーとの連動を実現するリンク機能(対応テレビ機種などの詳細は当社製品サイトでご確認ください)●ECOモード、オートスタンバイ機能などにより業界最高水準の省電力を実現

【製品情報】
ヤマハ AVレシーバー 『RX-V385』
リンク


ヤマハ AVアンプ製品サイト
リンク
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
リンク


※仕様および機能の名称は、予告なく変更することがあります。
※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]