logo

Astahプラットフォームが採用された、安全解析手法「STAMP・STPA」のモデリングツール「STAMP Workbench」が無償公開に



2018年4月9日
報道関係者各位
株式会社チェンジビジョン

Astahプラットフォームが採用された、安全解析手法「STAMP・STPA」のモデリングツール「STAMP Workbench」が無償公開に

株式会社チェンジビジョン(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:熊谷恒治、以下:チェンジビジョン)は、チェンジビジョンが開発・販売するモデルベース開発支援ソフトウェア、Astahプラットフォームが採用された安全解析手法「STAMP・STPA」の導入を容易にするモデリングツール「STAMP Workbench」が独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア高信頼化センターからリリースされたことを発表します。

「STAMP Workbench」(呼称:スタンプ ワークベンチ)は、独立行政法人情報処理推進機構(以下:IPA)が、2018年3月30日に無償公開した、大規模・複雑化するシステムに適した安全解析手法「STAMP」の導入を容易にするモデリングツールです。

STAMP Workbench リンク

[画像: リンク ]


STAMP Workbenchは、システムの安全性に関して世界的に著名なマサチューセッツ工科大学(MIT)のNancy G. Leveson 教授が提唱しているSTAMP・STPAに対応したモデリングツールです。
STPAは、自動運転など大規模複雑化されるシステムへの全体視点を持った分析といった、システム思考に基づく新しい安全性解析手法として、国内外で様々なWorkshopが開催されるなど、大変注目されています。

STAMP Workbenchはソースコードの改編、再配布、商用利用も可能なオープンソースソフトウェアとして公開されています。
チェンジビジョンでは、STAMP・STPAをはじめとした、大規模複雑化されるシステムへのシステム思考に基づく新しい安全性解析手法を支援するモデリングツールの商用化を計画しています。

【STAMP・STPAについて】
STAMP(System-Theoretic Accident Model and Processes):システム理論に基づくアクシデントモデル
STPA(System-Theoretic Process Analysis):STAMPに基づく安全解析手法

【astah*(アスター)について】 リンク
astah*はソフトウェア開発の現場を支援するソフトウェア設計支援ツールです。UML、ER図、データフロー図、CRUD、要求図、マインドマップなどを搭載し、国内外、有無償を問わず利用されています。

【株式会社チェンジビジョンについて】 リンク
2006年、モデリングツール「astah*」をビジネス基盤とするプロダクトベンダーとして設立。システムとプロジェクトを見える化し、ソフトウェア開発の革新、知的生産革新を実現する。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]