logo

いよいよ4月11日(水)開幕!中部地域を代表する製造業のVIP 42名による開会式(大テープカット)を開催!

リード エグジビション ジャパン株式会社 2018年04月09日 14時01分
From PR TIMES

第3回 名古屋 ものづくり ワールド 会期:2018年4月11日(水)~13日(金) 会場:ポートメッセなごや

名古屋 ものづくり ワールド 2018にて、会期初日の11日(水) 午前9時30分より、中部地域を代表する製造業の幹部による『開会式(大テープカット)』を行います。本展のオープニングを彩る、盛大な開会式です。
本リリースでは、昨年の様子を交えながら、開催概要をご紹介。今年は昨年比170社増の1,140社*が出展し、さらに規模を拡大して盛大に開催いたします。ものづくり集積地にて、日本中のものづくり業界の方々が一堂に会する、またとない機会です。ぜひ取材にお越しください。(*予定。同時開催展含む)



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

昨年の開会式で 「ものづくり産業界を全力で応援しようと思っている。」と歓迎の言葉をくださった、ポートメッセなごやのオーナーである河村たかし名古屋市長。今年も公務の合間をぬって、開催初日にご参列いただきます。

下の写真は、まさに参列者をご紹介しているときの写真です。約2,000名の観客が詰めかけ、入口から人が溢れるほど、会場は熱気に包まれました。
今年は大手製造業のVIP 42名を参列者に迎え、さらに盛大に開催。昨年同様、開
会を待ち望む人で溢れかえる事が予想されます。この熱気は、この会場にいる人しか分かりません。本展のオープニングを盛り上げるため、ぜひご参加ください。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

愛知県は、製造業を代表する企業の本社や工場が多く存在する、まさに“ものづくり集積地”です。それと同時に、日本の中心に位置している事から、東京や大阪をはじめ、各地から出展社・来場者ともに集まりやすいのが特徴。日本全国から約38,000名の来場を予定しています。
さらに、宿泊・交通・飲食・ブース装飾などに使われる金額を考えると、開催中の3日間だけでも、約40億円にのぼる見込みです。本展のような大規模な展示会を開催することで、名古屋に大きな経済効果をもたらします。


■ 第3回 名古屋 ものづくり ワールド 概要 ■
日時:2018年4月11日[水]~13日[金]  10:00~18:00(13日のみ17:00まで)
会場:ポートメッセなごや
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
構成展示会:第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展 / 第3回 名古屋 機械要素技術展 /
      第2回 名古屋 航空・宇宙機器 開発展 / 第2回 名古屋 工場設備・備品展

招待券請求(無料)受付中!申し込みはこちら >>> www.dms-nagoya.jp/inv/
(招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人)


*本メールに掲載の出展社数は共同出展社も含めた、2018年1月4日時点での
最終見込み数字であり、開催時には増減の可能性があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。