logo

TBM、採用強化に向けて「採用ホームページ」を刷新

TBM 2018年04月09日 13時01分
From PR TIMES

~コンセプトは「時×挑戦」、次の時代に橋を架ける人材を募集~

石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず紙の代替や石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」を開発・製造・販売する株式会社TBM(本社:東京都中央区、代表取締役:山﨑敦義、以下TBM)は、採用強化を目的に採用ホームページを刷新致しました。コンセプトは、「時×挑戦」、TBMの社名の由来である、「Times Bridge Management」から発想し、グローバルで新素材LIMEXを広め、次の時代に橋を架ける人材を積極的に募集します。
・TBM RECRUIT リンク



[画像1: リンク ]


■ 概要

本サイトでは「時×挑戦」をコンセプトに、「TBMの今」をライブ感が感じられる動画表現を用いて可視化しています。(採用コンセプト動画、各本部の仕事紹介)また、社員紹介においては、過去(前職のキャリア)、現在(転職の動機、今の仕事紹介)、未来(今後の抱負)など時間軸を起点に、社員一人ひとりがTBMで果たしていく大きな挑戦を表現しています。さらに、昨年発足された企業理念を浸透させる部門横断のプロジェクト組織、「クレド会議」のメンバーが推進する組織の文化醸成に寄与する施策を、「Culture 理念・制度・オフィス」としてコンテンツ化、TBMのインナースローガンである「最強で最高のチームづくり」に向けた活動を紹介しています。本サイトを契機に、「地球規模の挑戦を共にしたい」と心から思う方のご応募をお待ちしております。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



■ 新素材「LIMEX(ライメックス)」について

[ LIMEXとは ]
・ LIMEXは石灰石を主原料に紙やプラスチックの代替となる、エコノミーかつエコロジーな革命的な新素材。
・ 2013年、経済産業省イノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」に採択。
・ 2014年、国内特許を取得。現在、米国や欧州など世界43カ国にて特許を取得・申請中。
・ 2015年、宮城県白石市に年産6,000トンのLIMEXを製造する第一工場を建設。
・ 2016年、米国シリコンバレーの「Plug and Play」で初の 『世の中に最も社会的影響を与える企業
ソーシャルインパクトアワード』を受賞
・ 2017年、「第7回日米イノベーションアワード」において『イノベーション・ショーケース』を受賞

[ 紙の代替として ]
・ 通常、普通紙1トン生産する場合、樹木を約20本、水を約100トン使うが、LIMEXは原料に木や水を使用せず、石灰石0.6~0.8トンとポリオレフィン約0.2~0.4トンからLIMEXの紙代替製品1トンを生産可能。
※国内の製紙業界においては、単に伐採するだけでなく海外で植林活動を実施。
※使用済みのLIMEXの紙代替製品を廃棄する場合は可燃ごみ扱い。(古紙回収に出さない)

[ プラスチックの代替として ]
・ 従来のプラスチックの原料は石油由来樹脂100%であるが、LIMEXでは主原料が石灰石であり、石油由来樹脂の使用量を大きく削減可能。
・ 単価の安い石灰石を主原料とすることで価格競争力を有する。
・ LIMEXの印刷物等のリサイクル材から、LIMEX製のプラスチック成型品を作れ、環境負荷軽減に貢献できる。

[ 資源としての石灰石の埋蔵量 ]
・ 日本でも100%自給自足できる資源。世界各地の埋蔵量も豊富で、ほぼ無尽蔵。

■ 株式会社TBM
代表取締役 :山﨑 敦義
本社 :東京都中央区銀座2-7-17-6F
設立 :2011年
資本金 :60億7,080万円(資本準備金含む)/ 2018年3月時点
事業内容 :LIMEX及びLIMEX製品の開発・製造・販売
URL :リンク

*本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。