logo

DMMGAMESで絶賛リリース中の基本無料のクラフト系カーアクションゲーム『CROSSOUT』にて32名のプレイヤーが生き残りをかけて戦うサバイバルPvPモード【バトルロワイヤル】実装!

合同会社DMMGAMES 2018年04月06日 17時00分
From PR TIMES



合同会社DMMGAMES(本社:東京都港区、代表:片岸 憲一、URL:リンク)は、Gaijin EntertainmentとTargem Gamesが共同で開発したMMOクラフト系カーアクションゲーム『CROSSOUT』にて、新しいPvPゲームモード「バトルロワイヤル」が実装されたことを発表しました。32名のプレイヤー達は非武装状態のデフォルト車両でスタートし、新しいマップ「血の岩」で武器や装備品を探し車両を改造しながら互いに戦うことになります。
さあ、この無慈悲なトーナメントを最後まで生き抜き、主催者であるラット・キングから報酬を獲得しましょう!

[画像1: リンク ]


バトル開始時、すべてのプレイヤーは同じ条件でバトルを開始します。武器や装備が何も搭載されておらず、ライトのみ装備したバギーを操縦し、チェーンソー、ロケットランチャー、ステルス装置などの役に立つアイテムを戦場で探さなければいけません。アイテムを獲得するとすぐに自分の車両に搭載され、最大で射撃武器2つ、近接武器2つ、補助モジュール1つを搭載することができます。搭載されたモジュールは、バトル中に見つけることができる他のアイテムといつでも交換することができます。

「バトルロワイヤル」で使用される特別なバギーは非常に頑丈なフレームで作られているため、通常の『CROSSOUT』でのバトルのように、プレイヤーはタイヤを破壊することはできません。このモードでの戦闘を平等にするため、フレームが破壊されると車両全体が破壊されることとなります。武器に装填する追加弾薬や、小規模なバトルの後に車両の耐久値を回復させる修理キットなど、他にも様々なアイテムをマップ上で見つけることができます。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


新しいマップ「血の岩」は、既存の『CROSSOUT』のマップの中では最大のサイズで、平均的なPvPマップより16倍もの広さがあります。このマップは多くの洞窟や廃墟と化した建物がある広大なエリア、旧世界からの構造物などが特徴です。さらに、隠れることができるシェルターが大量にありますが、ほんの短い間しか隠れることはできません。
また、水平線上からゆっくりと近づいてくる巨大な砂嵐は、徐々にプレイ可能なエリアを狭めていきます。この血に飢えた砂嵐に飲み込まれたすべての車両はものの数秒で粉々になってしまうでしょう。そして、砂嵐は予測不可能な動きをするため、マップのどのエリアが最後まで安全か、誰にもわからないのです。
[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]


<『CROSSOUT』関連ページ>
▼『CROSSOUT』日本特設サイト(ビギナーズサイト)
リンク

▼『CROSSOUT』日本公式サイト(メンバーズサイト)
リンク

▼『CROSSOUT』日本運営公式Twitter
リンク

▼『CROSSOUT』日本運営公式Facebook
リンク


<『CROSSOUT』製品情報>
タイトル :CROSSOUT(クロスアウト)
ジャンル :クラフト系カーアクション
プラットフォーム:PC(Windows) / PlayStation(R)4
サービス開始日:2017年10月5日(PC)
2017年10月12日(PS4)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金あり)
プレイ人数:1~16人(オンライン専用)
言語仕様:日本語
CERO:CERO A(全年齢対象)
提供会社 :Gaijin Entertainment / Targem Games
運営会社 :DMMGAMES
権利表記 :Published by (C) DMM GAMES.(C) 2017 Gaijin Entertainment. (C) 2017 Targem Games. All rights reserved.

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。