logo

グリー、バーチャルYouTuber特化型のライブエンターテインメント事業を開始 −バーチャルYouTuberの発掘・育成や関連事業を通じ市場拡大に100億円規模を投資−

グリー 2018年04月05日 15時00分
From PR TIMES

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和、以下「グリー」)は、現在急成長しているバーチャルYouTuber市場に参入することを決定し、ライブエンターテインメント事業を担う100%出資の株式会社Wright Flyer Live Entertainment(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木英士)を設立することをお知らせします。



[画像: リンク ]



参入第1弾として、声優やタレントが3DCGキャラクターの外見をまとい演じるバーチャルYouTuberを発掘・育成・マネジメントし、動画番組を企画・制作・配信するプロダクション事業を開始します。

グリーはゲーム事業、メディア事業に続く成長事業として、バーチャルYouTuberを中心としたライブエンターテインメント事業を立ち上げ、今後1-2年で約100億円規模の事業およびコンテンツ投資を実施するとともに、日本国内のみならずグローバルでも展開していきます。

■バーチャルYouTuberとは
バーチャルYouTuberとは、声優やタレント、一般クリエイターなどがモーションキャプチャー技術を使って3DCGキャラクターの「中の人」として演じて動画配信を始めたものです。YouTubeチャンネル登録者数が150万人を超えるなど、実物のタレントを超えるような人気のバーチャルYouTuberも誕生しており、2018年1月にはYouTuberチャンネル登録増加数ランキング(※1)上位10人のうち半数がバーチャルYouTuberになるなど、国内外で人気が急上昇しています。

■市場背景
キャラクタービジネスのベースとなるアニメ市場は、2016年に初めて2兆円台を突破(※2)しており、動画配信サービスのグローバルでの拡大などを通じて、急速に海外市場の売上が拡大しています。一方、スマートフォンなどを通じた受け手側の情報取得方法は、文字から写真、写真から動画、動画からライブ配信へと拡大してきています。そうした中でバーチャルYouTuberの人気が急速に拡大してきており、アニメキャラクターによる動画配信は今後VR/ARの普及も後押しし更に市場を拡大していくと考えています。

グリーは、これまでSNS「GREE」やゲーム事業、VR事業で培ってきたさまざまなノウハウや、大手IPホルダー・原作者・声優事務所等との協業関係など、自社の強みを最大限に生かすことで、急成長するバーチャルYouTuber市場のいっそうの拡大に貢献していきたいと考えています。

今後は、クリエイターや関連スタートアップへの投資、関連サービスの開発、収録・配信スタジオの開設など積極的に展開していきます。

■会社概要
会社名:株式会社Wright Flyer Live Entertainment
会社所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
代表取締役社長:荒木英士(グリー株式会社 取締役 上級執行役員)
事業内容:バーチャルYouTuberに特化したライブエンターテインメント事業

■本事業に関するお問い合わせ先
グリー株式会社 Wright Flyer Live Entertainment準備室
E-mail: production@gree.net

※1: リンク
※2: 一般社団法人 日本動画協会 アニメ産業レポート2017より

GREEおよびGREEロゴは、グリー株式会社の登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]