logo

Hikvisionが「知能形成」のAIクラウド世界サミットを開催

Hikvision Digital Technology Co., Ltd. 2018年04月06日 10時41分
From 共同通信PRワイヤー

Hikvisionが「知能形成」のAIクラウド世界サミットを開催

AsiaNet 72945 (0604)

【杭州(中国)2018年4月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*サミットはオープンなコラボレーションを通じて人工知能(AI)エコシステムの構築を討議

Hikvisionが組織する2018 AI Cloud World Summit(2018年AIクラウド世界サミット)は3月30-31日、Hangzhou International Expo Centre(杭州国際博覧センター)で成功裏に開催された。

Photo - リンク
(写真説明:HikvisionのAIクラウド世界サミット)

業界の専門家や学者、マイクロソフト、インテル、Milestone Systems、AxxonSoftなどのHikvisionパートナーを含む2000人超の参加者が同サミットに出席した。参加者と発表者は、AI開発の動向、その現実世界への応用、世界市場でのAI関連パートナーの協力の機会を探った。

Hikvisionは2017年10月に深センでのChina Public Security Expoで「AIクラウド」(リンク )を発表した。AIクラウドは、インターネット・オブ・シングス(IoT)時代から生まれた開発コンセプトである。これは、クラウドとエッジコンピューティングを組み込んだ3層アーキテクチャーで、Edge Nodes(エッジノーズ)で多次元認知とフロントエンド処理を提供し、インテリジェント・アプリケーション用のEdge Domains(エッジ・ドメインズ)にリアルタイムでデータを処理・集中して新しいデータを作成し、さらにビックデータ分析のためにオンデマンド・データをCloud Centerに集中させる。

▽オープンなコラボレーションを通じたAIエコシステムの構築
人工知能は人類社会に大きな影響を及ぼす新しい前途有望な技術であると考えられている。

中国工程院の院士である潘云鶴氏は基調講演で、スマートシティー、スマート医療、無人運転などの新たな社会的ニーズの出現、並びにインターネット、モバイルコンピューティング、クラウドコンピューティング、IoTなどの情報環境における大きな変化により、人工知能が既に次の段階に進化していることを強調した。つまり、次世代の人工知能は、ビックデータ知能、集団知能、クロスメディア知能に向かっているのだ。

Hikvisionのヤンチョン・フー最高経営責任者(CEO)は同サミットで講演し「多数のアプリケーション要件が断片化した形で急増している。AIの実装は、主にデータ、コンピューティングパワー、アプリケーションの3つの要素によって制限されている。このプロセスを加速するためには、各業界の全てのステークホルダーがオープンかつ協力してAI業界のエコシステムを構築する必要がある。より多くのパートナーがAIエコシステムの構築、共有に参加できるようにするため、当社はAIクラウド・ソフトウエアプラットフォーム、トレーニングシステム、AIサービス、データ注釈、データ共有サービスを含む製品とサービスを全面的に公開する」と語った。

▽エッジコンピューティングへの新たなニーズ
IHS Markitのアソシエート・リサーチ・ディレクターであるオリバー・フィリッポウ氏は同サミットでHikvisionの国際的な参加者たちに「Artificial Intelligence – The Present and Future Prospects for Video Surveillance」(人工知能-ビデオ監視の現状と将来展望)と題するプレゼンテーションを行った。フィリッポウ氏によると、世界市場でのネットワークカメラの台数増加は、ビデオ分析の発展をエッジおよびクラウドシステムのコンバージェンスの方向に推し進めており、最大の精度を提供するためのより良いアルゴリズムとディープラーニング(深層学習)が必要となる。

Hikvision Research Institute社長のシリアン・プウ博士は過去数年間、同社のAI研究施設、マイルストーン、業績を共有した。プウ博士は、エッジ認知の利点と、AIアプリケーションに力を与えるために多層認識を生成する能力を指摘した。

これは、さまざまなプロバイダーがこのAIエコシステムを構築するための共同の努力である。Hikvisionは、インテル、Milestone Systems、AxxonSoftという戦略的パートナー3社が同サミットのセッションで相互のパートナーシップと、AIがパートナーのエコシステムを変革するやり方について基調講演を行ったことを光栄に思っている。

HikvisionのAIクラウド世界サミットについては、ここをクリックしてエキサイティングなビデオをご覧ください。リンク

▽Hikvisionについて
Hikvisionは、革新的なビデオ監視製品およびソリューションで世界をリードするプロバイダーである。業界最強の研究開発陣を擁するHikvisionは、オーディオ/ビデオエンコーディング、ビデオ画像処理、関連データ・ストレージの中核テクノロジーのほか、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、ディープラーニングなどの先見的なテクノロジーを進化させている。Hikvisionは長期的ビジョン達成のため、ビデオ監視業界に加え、スマートホーム・テクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にもその範囲を広げている。顧客のために常に価値を創造するHikvisionは、世界で33の地域子会社を運営し、真にグローバルな存在を実現している。詳細はwww.hikvision.com を参照。


ソース:Hikvision Digital Technology Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]