logo

新製品リリース~UPoE対応ハイパワーPoE60W給電インテリジェントPoEスイッチ(GJ-ISG10UP4-DMV)を新発売

株式会社グラスフィアジャパン 2018年04月05日 11時01分
From PR TIMES

標準搭載デバイスマネジメントビューワー(DMV)が接続デバイスを自動検出し、システム系統図を自動生成 遠隔地からのデバイス監視と運用制御の省力化を実現

株式会社グラスフィアジャパンは、この度、UPoE対応ハイパワーPoE(60W)スイッチ(GJ-ISG10UP4-DMV)を発売いたしました。



[画像: リンク ]

今後増加が予想される、ハイパワーPoE(60W)対応の高消費電力ネットワーク機器、ズームカメラ、LED照明、その他IoTデバイスを、LANケーブル1本で電源供給と制御が可能になります。
これにより、電源供給が困難な場所への監視・防犯カメラの設置やIoTデバイスの設置が容易になるとともに、
従来PoEインジェクター等を必要とした機器や別途電源配線をしたシステムにおいても、LANケーブルのみで稼働させることも可能となります。
また、当社のPoEスイッチの特長でもある、デバイスマネジメントビューワー(DMV)機能を標準装備しておりますので、遠隔地からのネットワーク経由でのデバイス監視と制御を実現し、管理工数の大幅な効率化を実現します。

IoTデバイスが世の中に多く浸透していく中、本製品は配線コストや工事費用を大幅に抑制する事に寄与できるものと考えております。
世の中の進歩に寄与、追随するために今後もより良い製品の開発、リリースに尽力して参りますので、よろしくお願い申し上げます。


※DMV(デバイスマネジメントビューワー)機能
同一セグメント内にある、各種IP機器(カメラ、アクセスポイント、IP電話等)の情報をデータリンク層レベルで自動収集し、Webブラウザ上で管理可能にする機能。
当社製品以外のIP機器も情報収集対象となるため、同一セグメント内にあるすべてのIP機器の管理、運用を劇的に効率化することが可能。
収集した情報を元にネットワークトポロジー図を自動生成し、トポロジー図上で各種IP機器の運用管理(リブート、IP機器内へのログイン等)が可能なため、管理者及び運用者の負荷軽減を実現

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]