logo

パナソニックと東電PGが歩道上の配電地上機器を活用したデジタルサイネージサービスの共同実証実験を開始

パナソニック 2018年04月04日 11時01分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

パナソニック株式会社とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(以下、パナソニック株式会社と合わせて「パナソニック」)、東京電力パワーグリッド株式会社と東電タウンプランニング株式会社(以下、東京電力パワーグリッド株式会社と合わせて「東電PG」)は、2018年4月4日(水)から東京都港区(以下、「港区」)の協力を得て、東電PGが所有する歩道上の配電地上機器(※1)を活用したデジタルサイネージ(※2)による情報発信の実証実験を開始します。配電地上機器を活用したデジタルサイネージの実証実験を歩道上で行うのは、国内で初の取り組みになります。

パナソニックと東電PGは2017年5月より配電地上機器を活用した情報配信等に関して、共同で企画・開発を進めてきました。
今回はその実証実験として、港区のJR田町駅前にパナソニックと東電PGが共同で企画・開発する「ストリートサイネージ(R)」(※3)の実証機を設置し、港区の区政情報および緊急情報を配信いたします。

本実証実験では、2018年4月4日(水)から2019年3月までの間、JR田町駅前の往来が多い歩道上に設置されている配電地上機器の上部に「ストリートサイネージ(R)」を設置するとともに、機器本体へのラッピングによる表示を行います。その立地を活かして、「ストリートサイネージ(R)」で区政に関する情報、広報番組、地域イベント等の港区の情報を配信するとともに、緊急災害時には、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語にて、警報や注意情報をリアルタイムに配信いたします。

今回の実証試験において、パナソニックは「ストリートサイネージ(R)」の実証機の設置に加え、港区の情報の配信、運営を行います。東電PGは配電地上機器からの電源供給に加え、機器本体へのラッピングによる表示を行います。共同で「ストリートサイネージ(R)」による情報発信の効果検証、配信システムの検証等を行います。

本実証実験を通じて、配電地上機器の立地を活かした情報発信の有用性や実現性について検証し、2020年に向け求められている街中での情報配信に「ストリートサイネージ(R)」を活用していく検討を進めていきます。

※1:電線網の地中化に伴って、電柱に設置した変圧器や開閉器を地上のボックスに納めた電気設備
※2:ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信する端末
※3:パナソニック株式会社、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社、東京電力パワーグリッド株式会社、東電タウンプランニング株式会社が共同で企画・開発する配電地上機器専用のデジタルサイネージの商標

【参考】
実証実験の概要
1. 期間:2018年4月4日(水)~2019年3月
2. 地域:港区芝浦3丁目 JR田町駅東口付近
3. 放映時間:午前5時~翌午前0時

・実証実験場所(出典:国土地理院 ウェブサイトより)
リンク

<関連情報>
・[プレスリリース] 配電地上機器を活用した情報配信等に関する共同での企画・開発の開始について(2017年5月23日)
リンク

・パナソニックが「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」で、パラスポーツ観戦ソリューションと情報配信サービスの実証実験を実施(2018年3月20日)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。