logo

ダウンロードが不要なアプリ!?中国で人気の「ミニプログラム(小程序)」配信サービス提供開始

JC Connect株式会社 2018年04月04日 11時01分
From PR TIMES

中国最大チャットアプリ「WeChat/微信」アプリ内アプリ企画から制作、運用までの一貫したプロモーションサービス



JC Connect株式会社(本社 東京都新宿区、代表取締役 城ヶ原 渉、以下JCC)は、中国進出やインバウンドプロモーションなどの課題解決の一環として2018年4月9日より、「ミニプログラム(小程序)」(以下ミニプログラム)のサービス提供を開始いたします。


中国インターネットサービス大手、テンセント(騰訊控股有限公司)が提供するインスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(ウィーチャット)/微信」(以下WeChat)は現在中国では必要不可欠なコミュニケーションツールとして、月間約10億ユーザーに利用されています。そのWeChat内のコンテンツとして2017年1月にリリースされたミニプログラムは、ダウンロードやインストールせずに閲覧利用できるWeChatアプリ内アプリです。ミニプログラムでは、情報収集はもちろん、ショッピング(EC)やチケット予約、配車、デリバリー、飲食店での注文など様々なシーンで利用されており、2018年1月時点で、約58万以上の様々なコンテンツが登録されており、1日のアクティブユーザーは1.7億に達しています。

[画像1: リンク ]

リンク

アンドロイドOSが7割以上のシェアを占める中国スマホ市場において、アプリケーションやコンテンツのプラットフォームである『Google Play』は政府によって規制されており、アクセスができません。
そのため中国では、大手インターネット企業やスマホメーカーが提供する非公式なアプリマーケットが多数乱立しています。限られた公式アプリマーケットへアプリをリリースすることで、一定のダウンロード数が見込める日本市場とは違い、中国では多くのアプリマーケットへ掲載する手間があるほか、広告枠の競合も激しく、日本企業にとって進出が非常に困難な状態となっています。

JCCでは、利用者が急増するミニプログラムの企画から制作、運用のサポートをおこなうと同時に、テンセントオフィシャルパートナーとしてWeChat公式アカウントや広告サービスを提供することで、約10億のユーザーに対して、ダウンロード不要なアプリの配信を可能とします。
中国国内では大手コーヒーチェーンや大手ファーストフードなど、導入がスタンダードとなりつつあるミニプログラムを活用することで、中国市場でのインバウンド(訪日集客)やアウトバウンド(輸出や越境EC)、ブランディングを狙う日本企業様をより一層支援して参ります。

<ミニプログラムイメージ画像>

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



  


<ミニプログラムの特徴>


WeChat内に組み込まれているので、利用したいアプリ(コンテンツ)を新たにダウンロードやインストール、アプリ(コンテンツ)の更新もする必要なし
2017年1月時点で58万もの様々なコンテンツが登録されている
予約から購入、決済まで全てミニプログラム内で完結
ミニプログラムを友達やグループチャットで共有することが可能→企業は自社のミニプログラムがシェアされやすくなり露出機会の創出に
ミニプログラムのQRコードを作成することが可能
現在日本企業によるミニプログムの配信はなく、同業他社との差別化に有効的



■「ミニプログラム(小程序)」とは

[画像7: リンク ]


「ミニプログラム(小程序)」はWeChat内のコンテンツを、ダウンロードやインストールせずに閲覧利用できるアプリ内アプリです。
ミニプログラムでは、情報収集はもちろん、ショッピング(EC)やチケット予約、配車、デリバリー、飲食店での注文など2018年1月時点で、約58万の様々なコンテンツが登録されており、1日のアクティブユーザーは1.7億に達しています。


利用するには、WeChat内で検索、QRコードをスキャン、友人からシェアされたりすることでアクセスが可能です。通常のアプリと違い、利用時にアプリストアからのダウンロード、インストールの必要がなく、アプリの更新や容量管理なども必要ありません。


■「WeChat(ウィーチャット)/微信」とは

[画像8: リンク ]


2011年1月にサービスを開始したWeChatは、中国インターネットサービス大手テンセントが運営するアプリで、月間アクティブユーザー約9.89億(2017年12月時点)に達しています。
メッセンジャー機能とSNS機能の融合が特徴、友達同士のテキストチャットや音声チャットとして利用される他、友達に情報をシェアする「モーメンツ」機能では1日平均30億回もの投稿が行われており、情報共有の場としても活発な活動が繰り広げられています。近年日本国内では各社企業公式アカウント*を開設し、プロモーションの重要メディアとして注目を集めているサービスです。

*WeChat公式アカウント
顧客ロイヤリティーの向上やVIP顧客の囲い込みなど、主にCRMを目的として、300万社を超える中国企業に利用されています。一般ユーザーへ友達のようにチャット(通知)を送ることが可能です。
 しかしWeChat公式アカウントは、中国企業しか取得することが出来なかった為、多くの日本企業様は代理名義の公式アカウントを取得しておりましたが、2016年4月より、日本企業名義の公式アカウントの発行がJCCより可能になりました。これにより、最大約10億人超のユーザーへターゲティング広告を配信することが出来ます。


■JC Connect株式会社について
リンク

社名:JC Connect株式会社(ジェーシーコネクト)
代表取締役社長:城ヶ原 渉
住所:〒160-0022 新宿区新宿六丁目29番8号 福智ビル4F
設立:2016年6月17日
資本金:1億2,000万円(準備金含む)
主要株主:FJ Solutions株式会社、株式会社ビジョン〔9416〕
事業内容:WeChat/微信プロモーション事業、WeChat Pay導入支援事業、越境EC支援事業

【問い合わせ先】
JC Connect株式会社:広報担当
TEL:03-5287-1850
受付時間:平日9:00~18:00

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。