logo

コンチネンタル、スペインでの郵便事業にeBikeモビリティソリューションを提供

コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 2018年04月03日 15時00分
From PR TIMES

スペイン5都市の郵便配達で、コンチネンタルeBikeシステムを搭載した電動カーゴバイクの試験運用が行われています。環境にやさしく、混雑した市街地でも簡単・便利に、戸口まで荷物を届けます。



テクノロジーカンパニーであるコンチネンタルの48ボルトeBikeシステムを搭載した、Bikelecing社(BKL)の電動カーゴバイクが、スペインの郵便サービスであるコレオス(Correos)の配送作業をさらに持続可能で便利にします。歩行者専用道路や混雑した市街地など、これまでアクセスが困難だった場所でも、小回りが利く新しい三輪の電動カーゴバイクを使えば、環境にやさしく、より便利・迅速に戸口まで荷物を配達することが可能です。

[画像1: リンク ]

車体中央に搭載された250ワットのモーターがカーゴバイクの乗り心地を非常に快適にします。内蔵トルクセンサーがバッテリーの効率利用を実現し、550リットルの積載量でも、最長60キロメートルまでの距離を快適に輸送することができます。カーゴバイクの車体総重量は38キログラムで、配送作業中でも重さが気になることはありません。

[画像2: リンク ]

「BKL社が複数の選択肢の中から、コンチネンタルのeBikeシステムを選択してくださったことは喜ばしいことです。効率的で持続可能なモビリティソリューションをスペインの郵便サービスに提供することができます」と、コンチネンタルの自転車システムセグメントの責任者であるヨルグ・マルクレク(Jörg Malcherek)は述べています。また、BKL社のエグゼクティブ・マネージング・ディレクターであるビクター・プイグ(Victor Puig)のコメントは次の通りです。「複数メーカーのシステムを試験し、最も私たちのシステムにフィットしたコンチネンタルのeBikeシステムを採用するに至りました。コンチネンタルとのパートナーシップに基づく協力関係にも感銘を受けています」

[画像3: リンク ]


コレオスは、スペイン5都市でカーゴバイクの試験運用を2018年1月に開始し、マドリード、セビリア、マラガ、コルドバ、グラナダで信頼性と適合性をテストしています。 コレオスは、他の地域への利用拡大や別車両への応用も視野に入れています。コレオスは2008年以来、CO2排出量を削減する同社の環境方針に基づき、電動車両の活用を推進しています。最初の試験カーゴバイクは2017年4月にセビリアで導入され、従業員から支持を得たため、カーゴバイクの活用を継続することになりました。このたびのコンチネンタル48ボルト eBikeシステムを搭載したカーゴバイクは、積載量と人間工学の観点から改良されています。

本プレスリリースは、現地時間2018年3月19日に、ドイツ・ハノーバーで発表した内容の参考訳です。 万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。

コンチネンタルは、持続可能でコネクテッドなモビリティの未来に向けた革新的な技術を開発しています。その歴史は1871年にさかのぼり、テクノロジーカンパニーとして、安全、効率的、快適、お客様のニーズに適した最大価値のソリューションを提供します。2017年度の売上高は440億ユーロで、世界61カ国に238,000人以上の従業員を擁しています。

関連リンク
コンチネンタル・オートモーティブ: www.continental-automotive.com
プレスポータル: www.continental-press.com
自動運転マイクロサイト: www.continental-automated-driving.jp
コンチネンタル・ジャパン公式フェイスブック:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。