logo

ネスコ、第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展(DMS)にCADファイルを暗号化できる「DataClasys(データクレシス)」を出展

株式会社ネスコ 2018年04月03日 14時01分
From PR TIMES



暗号化を中心にセキュリティ関連全般のコンサルやセキュリティ製品を提供する株式会社ネスコ(本社:東京都千代田区、代表取締役:曽我祐二郎、以下ネスコ)は、2018年4月11日(水)~4月13日(金) 「ポートメッセなごや」にて開催されます「第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展(DMS)」に、 ファイル暗号化製品「DataClasys(データクレシス)」を出展する。

DataClasysは、Office文書ファイルはもとより、画像や動画・CADファイルなど、あらゆるファイルを平文(通常のファイル)に戻すことなく、暗号化したまま利用できる。
そのため、不正プログラムや操作ミス等により機密ファイルが外部に渡ってしまったとしても第三者には解読することができない。

また、各ファイル単位での暗号化や機密レベルの設定等、多彩な機能を搭載しているDataClasysは、様々な運用形態に対して、柔軟に対応することが可能な点も特長の一つ。製造業では、PLM・PDMと連携して利用されているケースも増えている。

個人情報から、貴重なノウハウのつまった設計図面ファイルまで、あらゆるファイルをDataClasysが守ります。
特に設計図面については2Dから3Dまで、様々なCADシステムでの導入実績を誇ります。

【DataClasysで実現できること】
・昨今騒がれている“標的型攻撃”への対策
・CADデータの暗号化
・PLM・PDMと連携しての機密情報保護
・海外拠点や外注先にも、漏洩の心配なく重要ファイルを利用
・ファイル別に部署や役職での操作制御
・マイナンバー、個人情報漏洩対策

【展示会詳細情報】
■イベント   第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展
■開催日時  2018年4月11日(水)~4月13日(金)
        10:00 ‐ 18:00 (13日のみ17時まで)
■会  場   ポートメッセなごや
■ブース番号 第1展示館 18-12
■主  催   リード エグジビション ジャパン株式会社
■内  容   DataClasys(データクレシス)の活用事例のご紹介
[画像1: リンク ]



※尚、展示会への来場には「招待券請求(無料)」をご持参いただくか、または「e-招待券」のお申込みが必要となります。
■「招待券請求(無料)」をお持ちでない方は下記主催者のホームページよりお申込みください。
リンク
■第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展のホームページ
リンク

同展、弊社ブースへのご来場を心よりお待ちしております。


■「DataClasys」とは

[画像2: リンク ]

「DataClasys(データクレシス)」は、MS-Office、text、csv、pdfはもとより、Accessや動画など、あらゆるWindows系ファイルを暗号化・管理できます。権限者のみ暗号化されたままファイルを開いて操作することを許可されます。ファイルを操作しても復号されることがないので、第三者への漏洩を徹底的に防止、閲覧/更新のほか、印刷/スクリーンショット/コピー&ペースト/メール添付などを禁止することができるので、利用を許可されたユーザからの故意の漏洩を防止することも可能です。個人情報から営業機密情報まで幅広いファイルを守ります。

【「DataClasys」製品詳細情報】リンク

<株式会社ネスコ 会社概要>
会 社 名:株式会社ネスコ(NESCO CO., LTD.)
U R L :http: //www.nesco.co.jp/
所 在 地:〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル7階
設   立:1975年11月12日
資 本 金:270,000,000円
代表取締役:曽我 祐二郎
事業内容 :
• セキュリティ関連全般のコンサル、運用支援サービス
• サーバ及びネットワーク等のインフラの提案
• ビジネスアプリケーションの一括受託
• 常駐型システム開発及び保守運用サービス
• ヘルプデスクサービス
• 弊社製品他の販売・導入コンサル・アドオン開発・保守サービス
暗号化ソフト:「DataClasys」
統合会計パッケージ:「SuperStream/400」「SuperStream-NX」「SuperStream-CORE」

※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。