logo

2017年度家庭用ゲーム市場は前年比121.8%の3878.1億円。ニンテンドースイッチ累計400万台突破。~「ファミ通」マーケティング速報~

株式会社Gzブレイン(カドカワグループ)

ソフトランキングトップは「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」。



ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2017年度の国内家庭用ゲーム市場について、以下のとおり速報をまとめました。集計期間は2017年3月27日~2018年3月25日です。

■2017年度国内家庭用ゲーム市場規模: 3878.1億円
(集計期間:2017年3月27日~2018年3月25日/週数:52週 ※市場規模はハード・ソフトの合計値です。)

[画像1: リンク ]


2017年度の国内家庭用ゲーム市場について

2017年度の家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト合計で前年対比121.8%の3878.1億円となりました。2017年3月3日に発売したNintendo Switchが好調で、ハード・ソフトともに市場を大きく牽引。家庭用ゲーム市場は、2016年度に続き、2年連続の前年比増となっています。

2017年度のソフトランキングトップは、219.8万本を販売した「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(ポケモン/2017年11月17日発売/3DS)です。「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス/2017年7月29日発売/3DS・PS4)は、2機種合計で311.7万本と、タイトル別合算では最多の売り上げとなりました。
また、2017年度は7本のタイトルが100万本を突破しています(2016年度は4タイトル)。

一方、ハードでは、Nintendo Switch が351.3万台を販売し、2017年度ハード販売台数の首位を獲得しました。同ハードの累計は400万台を突破。ソフトタイトルでも、「スプラトゥーン2」(任天堂/2017年7月21日発売/Switch)をはじめ、3タイトルがミリオンに到達し、2018年度もNintendo Switchの勢いが持続することが期待されます。なお、「モンスターハンター:ワールド」(カプコン/2018年1月26日発売/PS4)の好調が後押しとなったプレイステーション4は、203.6万台を販売し、2位となっています。

2018年度の家庭用ゲーム市場は、「Nintendo Labo」(任天堂/2018年4月20日発売予定)のほか、「大乱闘スマッシュブラザーズ」(任天堂/2018年発売予定/Switch)や、「キングダム ハーツIII」(スクウェア・エニックス/2018年発売予定/PS4・Xbox One)といった注目作や人気タイトルの発売も予定されており、今後も市場動向が注目されます。


※本データを記事にてご使用になる場合は、 ファミ通調べ、 もしくはゲーム雑誌「ファミ通」を発行する当社(Gzブレイン)調べなど、 必ず「ファミ通」というブランド名の記載をお願いいたします。


◇「ファミ通」について
ファミ通グループでは、 ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、 「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトなど、 様々なサービスを展開しています。 また、 電子出版事業にも積極的に取り組み、 「週刊ファミ通」電子版や、 ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。 さらに、 全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計、 毎年「ファミ通ゲーム白書」を発刊。 2017年12月12日には、 モバイルゲームに特化した「ファミ通モバイルゲーム白書2018」を発売しました。
[画像2: リンク ]



◆株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について
株式会社Gzブレインは2017年7月3日、 カドカワ株式会社の100%子会社として設立。 『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、 様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っています。 情報誌や書籍の出版だけでなく、 Webメディアやイベントの企画・運営、 ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、 ゲームマーケティング事業など、 あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開しています。
公式サイトURL: リンク

[画像3: リンク ]



プレスリリースのダウンロード: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。