logo

ASEAN PRセミナー開催のお知らせ


リンク

日時:2018年4月19日(木)16:00~17:30 
会場:アーク森ビル33F プラップジャパンセミナールーム

主催:株式会社プラップジャパン POINTS.SG PTE LTD.

株式会社プラップジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木勇夫)は、2018年4月19日(木)に、POINTS.SG PTE LTD.(本社:シンガポール、代表取締役社長:山本紘章)と共同でASEAN圏におけるPR活動やメディア事情について、セミナーを開催します。

2010年以降、世界的な金融危機の発生や中国経済の落ち込みから、ASEAN圏は「チャイナプラスワン」と呼ばれる、新たな有望市場として注目を浴びるようになりました。現在はやや落ち着いてきたものの、全体で8億人を超えるとも言われるASEAN圏のマーケットは、日本との地理的な距離や親日の国民性も相まって、依然として魅力の高い市場であることは間違いありません。

プラップジャパンは、1997年に日系PR会社として初めて中国に進出、プラップチャイナを設立しました。プラップチャイナは、今年で設立20周年を迎え、プラップグループ全体の業績の中で30%近くを占めるまでに成長しています。一方2015年には、プラップジャパン内に、中国/アジア・パシフィック事業部を設立し、日本におけるインバウンド・アウトバウンド広報サービスの提供を開始しました。これら、中国事業・海外事業で得たノウハウや日系企業への広報サービス経験をさらに他国にも展開すべく、昨年2017年にはシンガポールに進出を果たしています。

今回のセミナーでは、ASEANの広報活動でポイントとなる現地メディア事情だけではなく、日系企業の現地プロモーション活動について、ゲストにPOINTS.SG PTE LTD.の山本紘章氏をお迎えしてご説明致します。

山本氏は2012年よりシンガポールに移住し、2016年にPOINTS.SG PTE LTD.を設立。現在はシンガポールと日本を拠点に、日系企業と現地ローカル企業向けにASEAN市場での広告/プロモーション活動のサービスを提供しています。今回はASEAN地域での具体的な実施事例について、ポイント解説致します。

【内容】
第1部 :ASEANメディア及び日系企業の現地広報活動の現状(16:00〜16:40)
     株式会社プラップジャパン アジア・パシフィック事業開発担当 丸浜 耕史
日系企業のASEANへの進出は活発ながら、その一方で、ASEANにおける広報体制の構築は各社とも未だ手探りの状況です。今回は、日系企業が抱えがちな課題とその対策、先進企業の取り組み、現地メディアの最新情報など、現在のASEAN広報を一歩前に進めるための参考となる情報について解説します。

第2部 :ASEANにおける日系企業プロモーション事例をポイント解説(16:50〜17:30)
     POINTS.SG PTE LTD. 代表取締役社長 山本 紘章
ASEAN現地でのプロモーションに関して、日系企業からのニーズは日々高まっていることを実感していますが、非効率な事例も数多く見受けられます。しかし、ASEANの市場特性を理解し、焦点を絞ることでより効率的、効果的なプロモーションの実践が可能です。本セミナーでは、3つのプロモーションキーワードを軸に、事例を交えながら解説します。

【セミナー概要】
主 催 :株式会社プラップジャパン POINTS.SG PTE LTD.
開催日 :2018年4月19日(木) 16:00~17:30(開場15:30)
会 場 :東京都港区赤坂アーク森ビル33F プラップジャパンセミナールーム
     <地図> リンク
定 員 :40名(満員に達し次第、受付を終了いたします)
参加費 :無料
申込方法:下記URLから、もしくはメールにて、お申し込みください。
 リンク

 メールでのお申し込みは(asia_seminar@prap.co.jp)までお申し込みください。
なお、お手数ですが、メールでのお申し込みの場合は、下記内容をご記載ください。
件名を「4月19日セミナー参加」として、本文には「御社名、所属部署名、御役職、御名前、参加人数、御連絡先(メールアドレス、電話番号)」を明記頂けますよう、お願い申し上げます。


※同業者の方のご参加は、お控えいただいております。
※申込多数の場合、抽選させていただくことがございます。
※後日、参加申込を受け付けましたら、その旨をメールにてご連絡いたしますので、受診されたメールをプリントしてお持ちのうえ、ご来場ください。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社プラップジャパン 長船・丸浜
TEL:03-4580-9156 
E-mail:asia_seminar@prap.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。