logo

日本初※1!オンライン学習、対面授業、定評ある教材を融合最先端のハイブリッド型スクール「LinguaHackers※2(リンガハッカーズ)」4月開講

タクトピア株式会社 2018年04月02日 12時01分
From PR TIMES

~多面的なアプローチにより21世紀型のスキル獲得を目指す~

グローバル教育事業を展開するタクトピア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:長井悠、以下タクトピア)は、オンライン学習と、CLIL※3学習をベースとした対面授業を融合した日本初※1のハイブリッド型英語学習スクール「LinguaHackers(リンガハッカーズ)」を、2018年4月に東京都、山梨県、秋田県で開講し、順次全国展開します。



【LinguaHackers開講の背景】
近年急速に進んだグローバル化によって実用的な英語の重要性が高まり、2020年までに教育改革が順次実施されます。小・中・高等学校それぞれで英語教育の強化が求められ、従来の「知識偏重型」から「課題解決型」の思考が重視されるようになります。つまり、英文法を体系的に理解する文法訳読法の時代から、主体的な学習を行い、答えのない問いに対し自ら考え、行動し、解決する時代へと変わっていきます。
そういった時代背景を踏まえ、タクトピアはオンライン学習と講師による対面授業を統合した最先端の学習スタイルを開発しました。CLIL(内容言語統合型学習)をベースにした新しい学習スタイルと、英語教育教材として定評のあるケンブリッジ大学出版の教材を融合することで、高レベルの英語を豊富な題材と紐付けて提供します。また柔軟かつ多面的なアプローチにより、21世紀を生き抜くために必要なリーダーシップ、批判的思考、想像力のある生徒を育てます。さらに都市部だけではなく地方でも開講し、地理的なネックをなくして場所にとらわれない教育を目指します。


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


【LinguaHackersの主な特長】
1)オンライン学習と対面授業のハイブリッド型学習でバランスの取れた学習形態
月4回のオンライン学習と月2回の講師による対面授業を行います。オンライン学習では基礎となるインプットを重視し語彙や文法を習得し、対面授業ではアウトプットを重視しディスカッションやプレゼンテーションで思考力や表現力を磨くことができます。オンライン学習と対面授業で扱う題材はリンクしているので、それぞれの学習方法を最大限に活かすことができ、バランスの取れた英語の習得に繋がります。

2)豊富かつハイレベルなコンテンツで実用的な英語を習得
オンライン学習、対面授業ともに英語教育教材のパイオニアであるケンブリッジ大学出版の教材を使用し、CLILをベースにした豊富な題材を扱います。好奇心をかき立てる題材を英語で学ぶため、「聞く、読む、書く、話す」という英語の4技能を楽しみながら自然に身につけることができます。また日常生活からアカデミックな内容まで実際に起こり得るシーンを幅広く扱うので、社会や世界へ出てから必要となる知識や教養も身につけることができます。

3)21世紀型スキルを習得
テクノロジーが発達し社会問題が複雑に絡み合った現代社会では、グローバルな視野と世界に通じる技能を身に着け、様々なコミュニティに貢献できる人材が必要となります。LinguaHackersでは生徒が主体的に考え、自分の意見や経験を述べる機会を重視しています。そのため、英語力に加えて自律的に行動するためのリーダーシップ、新しいアイデアを生むためのクリエイティビティ、多様性の中で生き抜くための批判的思考といった、21世紀型のスキルを伸ばすことができます。

4)世界的な資格の取得にも対応
LinguaHackersでは、コースレベルに応じて国際的に最も認められている英語教師資格CELTA※4を保有する講師が講義を行います。また2017年にPeason ELT Teacher Award※5を受賞した講師も所属しています。海外での指導経験が豊富で言語学の知識も深く、海外留学などに必要な資格であるIELTS※5やケンブリッジ英検などの試験にも対応しています。

※1 2018年3月現在。当社調べ。 ※2 イタリア語で「言語」を意味するLinguaと「技術的な熟達者」を意味するHackerから成り立っています。 ※3 Content and Language Integrated Learningの略。理科、歴史、音楽、異文化など多様なコンテンツ学習と英語習得を統合した新しい学習アプローチ。 ※4 Certificate in English Language Teaching to Adultsの略。英国ケンブリッジ大学認定の国際的に最も認められている英語教師資格。 ※5 ロンドンに本社をおく世界最大の教育企業Peason社から、世界で最もイノベーティブな英語教育を実践する英語教師に贈られる賞。2017年度はアジア・オセアニア地域から当社講師が唯一の受賞。  ※6 International English Language Testing Systemの略。世界最大級の受験者数を誇る英語運用能力評価試験。

【LinguaHackersの概要】
開講地:東京都、山梨県、秋田県、その他順次全国で開講予定
期間:1ターム3ヶ月(4~6月、7~9月、10~12月、1~3月)


[表1: リンク ]



定員:各30名
入会金:12,800円(税別)
対象:小中高校生および社会人
申し込み:リンク よりお申込みください。
LinguaHackersの詳細に関しては、タクトピアメディア関連サイト
リンク)をご確認ください。


[表2: リンク ]



【今後の展開】
LinguaHackersでの日常的な学習に加えて、日本全国の中高生を対象とした3~5日間のイングリッシュ・キャンプ「Lingua Franca(リンガフランカ)」を夏、冬、春に開催します。世界各地から選び抜かれた優秀な大学生と様々な学問を英語で学ぶことで、日本国内にいながら世界の多様性を体感することができます。

【タクトピア株式会社について】
タクトピアは、「世界をハックせよ。Be a Rebel. Hack the World.」の理念のもと、多様性あふれる仲間との「圧倒的な原体験」の共創を通じてグローカルリーダーを育成する、新しい学びのプラットフォームを展開しています。海外研修、国内研修、英語学習、講演など多岐に渡るプログラムをご支持いただき、2017年度は約100件のグローバル人材育成プログラムを実施し、8000名以上に参加していただきました。今後もよりわくわく・充実したプログラムをご提供し、21世紀を生き抜く次世代型のリーダーを育成して参ります。

<会社概要>
会社名:タクトピア株式会社/TAKTOPIA &Co.
代表者:代表取締役社長 長井 悠
所在地:東京都千代田区神田錦町3−2 千代田印刷会館7F
事業:世界へ羽ばたく若者を支援する教育プラットフォームの運営および教育プログラムの提供
設立:2015年4月
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。