logo

横綱稀勢の里関の応援歌「日本の大丈夫(だいじょうふ)」CD発売!!

明利酒類株式会社 2018年04月02日 11時01分
From PR TIMES

2018年4月2日(月)発売

横綱稀勢の里関の復活を信じて、みんなで飲んで唄って応援しよう!




[動画: リンク ]




[画像1: リンク ]

作詞家「たかぞう」の名で知られる明利酒類社長の加藤高藏は、横綱稀勢の里関の応援歌「日本の大丈夫(だいじょうふ)」を作詞し、茨城県出身の作曲家・編曲者・歌手の皆さんの協力を得て、歌曲にしました。そのCDを4月2日より全国発売し、カラオケ配信も3月27日より開始いたしました。

「大丈夫」は真のますらお(立派な男)と言う意味で、昨年は稀勢の里関をイメージした清酒「大丈夫」(純米吟醸)と本格芋焼酎「大丈夫」を発売し、稀勢の里関にも飲んでいただきました。

「日本の大丈夫」CD発売を記念して、下記のとおりCDプレゼントを企画いたしましたので、お知らせいたします。

力強い横綱稀勢の里関の復活を信じて、全国の稀勢の里ファンの皆さんと一緒に、飲んで唄って応援しませんか。


◼️プレゼントの内容
・日本酒純米吟醸「大丈夫」720ml 1ケース6本(税込8,424円)お買上げに日本の大丈夫CD1枚プレゼント(送料別)

・本格芋焼酎「大丈夫」720ml1ケース6本(税込7,128円)お買い上げに日本の大丈夫CD1枚プレゼント(送料別)

・日本酒と芋焼酎各々3本ずつで1ケース6本(税込7,776円)お買い上げに日本の大丈夫CD1枚プレゼント(送料別)

◼️プレゼント開始日
平成30年4月2日(月)より

◼️プレゼント数
各500枚  計1,000枚
※CDプレゼント対象は当社直売所「別春館」もしくはネットショップ通販でのお買い上げのお客様に限ります。

【お問い合わせ先】
明利酒類株式会社
茨城県水戸市元吉田町338番地
TEL:029-247-6111(代)
オフィシャルサイト リンク
担当:三宅・飯田

◼️「日本の大丈夫」歌詞
1.この道ひとすじ まっしぐら 勝負をかける花道は
今日も大入り 触れ太鼓 苦労努力が実を結ぶ
君は身の丈一丈 大丈夫 日本の 日本の大丈夫

2.師匠の教え うけついで 男の誓い胸に秘め
不屈の闘志 相撲道 夢と元気を伝えたい
君は身の丈一丈 大丈夫 日本の 日本の大丈夫

3.あまねく想い 一身に 命をかけて土俵入り
苦しみ乗りこえ てっぺんに うれし涙の酒に酔う
君は身の丈一丈 大丈夫 日本の 日本の大丈夫

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



平成29年、大相撲の稀勢の里関(茨城県出身)が第72代横綱に昇進、3代目若乃花以来19年ぶりに日本出身横綱が誕生しました。同年の大相撲春場所では、左肩付近に大怪我を負いながらも不屈の精神で歴史的な逆転優勝を果たし、君が代斉唱の際は、男泣きされ、日本中に涙と感動、そして勇気を与えてくれました。

この奇跡的な優勝V2を果たした後、同じ茨城県出身である地元の酒蔵である明利酒類株式会社の加藤社長は稀勢の里関と会い、稀勢の里関をイメージし、温めていた純米吟醸「大丈夫」を横綱と共に酌み交わしました。発売前に特別にお披露目したこの日本酒を気に入ってもらえて、とても美味しそうに飲んでいただきました。
[画像4: リンク ]



このお酒には以下のような想いが込められており、稀勢の里関も共感し、これからの横綱としての意気込みも語られました。

加藤社長は横綱稀勢の里関こそ今の「日本の大丈夫(だいじょうふ)」である。さらに、これからの日本を元気にするトップリーダーの一人であると称えました。

■大丈夫(だいじょうふ)の意味とは
「大丈夫(だいじょうふ)」とは、身の丈(たけ)一丈、丈夫(ますらお)の美称、仏教語では「菩薩(ぼさつ)」の意味をあらわします。

また、「大丈夫(だいじょうぶ)」という漢字には『安心』という意味もあるため、今の日本に勇気と元気を伝えたい、そんな思いをこの酒には込めています。
前に進もうとする時、不安な時、迷いながら進む時、つらく悲しい時など、自分を信じ「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせ、一歩踏み出してもらいたい。
そんな状況のときに、稀勢の里関をイメージしてつくったこの商品「大丈夫」を嗜んでいただければうれしく思います。

■書家 吉澤 鐵之先生が横綱稀勢の里関をイメージした「大丈夫」
[画像5: リンク ]


この商品の毛筆「大丈夫」は、書家吉澤 鐵之先生が稀勢の里関をイメージし表現されました。
稀勢の里関の温和な優しさと力強さが描かれているように感じます。
<プロフィール>
吉澤 鐵之(よしざわ てつし)/書家。
日展会員。1954年茨城県生まれ。1982年に日展初入選。2005年、2008年日展特選に、2013年には審査員を務め、2014年会員賞に輝く。現在、日展会員、読売書法会常任理事、日本書作院副理事長、全日本漢詩連盟理事、書魁社を主宰。


■大切な方へ「大丈夫」という言葉を添えた贈り物。
あなたの大切な人が新しい環境に一歩踏み出す時や、挑戦するとき、勇気づけたいとき など あなたの気持ちと一緒にプレゼントしてみてください。
[画像6: リンク ]

<明利酒類株式会社>
茨城県水戸市の老舗酒造メーカー。江戸時代末期の安政年間に、現在地で創業した加藤酒造店が当社の前身で、昭和25年(1950年)に明利酒類株式会社として法人化。以後蒸留酒、アルコールなどを製造し、現在は清酒、焼酎、リキュール類(梅酒等)、発酵調味料などを造る総合酒類メーカーとなり販路も全国へ広がっているほか世界へ向けて輸出も行なっている。
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]



オフィシャルサイト リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。