logo

【FRONTIER】ブランド史上初 薄型・軽量で持ち運びに便利な13.3型モバイルノートパソコン

インバースネット株式会社 2018年03月23日 13時01分
From PR TIMES

BTOパソコンの販売を行うインバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2018年3月23日(金)より、ブランド史上初となる13.3型モバイルノートパソコンの販売を開始します。



■製品の概要
このたび発売する新製品は、13.3型のモバイルノートパソコン≪NSシリーズ≫です。≪NSシリーズ≫は、最厚部が[17.8mm]、重さが[1.45kg]の薄型・軽量モデルでFRONTIERでは今までになかった持ち運びに便利なノートパソコンです。
 第8世代Coreシリーズ(※)やSSDに加え、Giga LAN、Bluetooth、Webカメラ、USB3.0など充実の機能も標準搭載しているため、プライベートからビジネスまで幅広いシーンで活躍します。天板と底面がダークブラウン、パームレスト部と液晶周りがライトピンクシルバーの落ち着いた色合いで、外観は余分な装飾がなくシックなデザインです。性能や予算によって選べる3機種からお好みのモデルをお選びください。
 ※Celeronモデルは第7世代CPUを搭載。
なお、発売記念として先着50名様にワイヤレスマウスをプレゼントします。
こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2018年3月23日(金)より販売を開始しています。

▼13.3型モバイルノートパソコン<NSシリーズ>はこちら
 リンク

[画像: リンク ]



■製品の特長
<モバイル用第8世代CPU搭載>
モバイル用第8世代CPUは、「Kaby Lake R」の開発コード名でよばれているCPUです。前世代の2コア・4スレッド動作から4コア・8スレッドとパフォーマンスが倍になり、同時に複数のアプリケーションを使用してもスムーズに動作します。また、15WのTDP(熱設計電力)はそのままで、前世代と同じく高い省電力性を実現します。


<動画・テレビ電話・データ取り込みに便利な多彩な機能>
液晶上面のWebカメラを使い、Skype(※)等でテレビ電話が楽しめます。右側面にUSB3.0 Type-AとType-Cを1つずつ、左側面にUSB3.0を1つ備えているため、マウスや外付けHDDなどの機器との接続に便利です。右側面にSDカードが読み込めるカードリーダーを装備、SDXCまでのSDカードに対応します。
 ※Skypeは別途インターネット経由でインストールが必要です。


<オフィスで威力を発揮するフルHD液晶を搭載>
全てのグレードで光の反射が少なく見えやすい非光沢フルHD液晶(1920x1080ドット)を搭載。エクセル表などの表計算ソフトの情報を多く表示でき、事務作業がはかどります。


▼製品に関する詳しい資料(PDF:233KB)
リンク


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナルコンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]