logo

京王プラザホテル フィーチャー100 Vol.23~おもてなしの裏側にある、ちょっといい話~

株式会社京王プラザホテル 2018年03月13日 10時00分
From Digital PR Platform



リンク



京王プラザホテル(東京:西新宿)は、2021年に開業50周年を迎えます。そこで、世界各国からお客様をお迎えし、心に寄り添うサービスを提供するホテルとして私たちのおもてなしに秘められたエピソードを100回シリーズでお届けしてまいります。

■VOL. 23 地上170メートルの空を “おもてなし”に
京王プラザホテルに、かつて展望室があったことをご存知ですか?
再開発でまっさらになった西新宿の地に、私たちのホテルだけがぽつんと建っていた1971年。開業に先駆けてオープンしたのが、最上階の47階に設けられた展望室でした。これまで誰も見たことがない地上170メートルからの眺望は大変な人気を博し、入場待ちの列が新宿駅まで続くほどだったといいます。来場者は開業後半年で早くも100万人を超え、5年間で約415 万人を数えました。その後も展望室として多くのお客様に楽しんでいただいたフロアは1991年の都庁移転とともに会議需要に応えるためバンケットへと改装。昼間の空をテーマにした〈あけぼの〉〈あおぞら〉〈あさひ〉など現在も使われている宴会場の名称には日本初の超高層ホテルとして誕生した当時の志や思いが込められています。

その後、1994年には都内ホテル初のカラオケルーム〈カラオケ47〉をフロア内にオープン。さらに2015年の全面リニューアルの際には、エレベーターを降りた瞬間から眺望を眼前にお楽しみいただける宴会場ホワイエも誕生。かつて空のテラスとして賑わったフロアは今、世界のお客様が集う国際会議の場として賑わいをみせています。開業時には想像もつかなかったほど、多くの超高層ビルが林立する現在。窓から見える街の景色は変わっても、地上170メートルから見晴らす空の美しさは今も京王プラザホテルのおもてなしのひとつです。



リンク

リンク



■本件に関するお問合わせ先

株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報  斎藤 潤子・ 大塚 智生・小田 力・石川 綾子
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
リンク

■関連リンク
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]