logo

諒設計アーキテクトラーニングスクールの「製菓アドバイザー W資格取得スペシャル講座」通信講座を新規開講しました。

株式会社新生技術開発研究所 2018年03月12日 10時01分
From PR TIMES

自宅で資格取得ができる!資格取得でスキルアップできる!

株式会社新生技術開発研究所は、諒設計アーキテクトラーニングスクールの「製菓アドバイザー W資格取得スペシャル講座」通信講座を新規開講したことをお知らせいたします。



[画像: リンク ]


講座内容
製菓アドバイザーW資格取得講座、イ製菓アドバイザーW資格取得スペシャル講座ではお菓子作りの基本的知識から材料の知識、お菓子の種類について学び、またテキストに沿ってお菓子作りを実践的に学ぶことが出来る講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
当スクールは、日本安全食料料理教会(JSFCA)、日本インストラクター協会(JIA)の認定講座です。

資格取得について
資格1製菓アドバイザー
製菓アドバイザーとして、主に洋菓子に関する知識を有していることを認定されます。洋菓子作りに使われる卵、バターやチーズなどの乳製品、粉、砂糖、チョコレート、ナッツ類、フルーツ、スパイスなど、さまざまな材料について、種類や選び方、その材料を使うことによって洋菓子にどのような効果、メリット、味の変化があるのかなどを理解し、適切な調理、材料選びができる人に与えられる資格です。クリームや生地、スポンジにどのような種類があるのか、その性質や材料などの違いや実際に使う洋菓子について、その作り方に関する知識を有していることも証明されます。資格取得後は、製菓アドバイザーとして自宅やスクールで講師活動をすることができます。

資格2お菓子作りインストラクター
お菓子作りインストラクターとして、洋菓子に関するさまざまな知識を有していることが認定されます。お菓子作りに使うはかりや泡だて器など道具類、型、オーブンの選び方と使い方を理解し、適切に使用することができる人に認定されます。基本的な洋菓子の種類を理解し、実際に作るためのレシピや材料、作る際の注意点などの知識を有していること、クリームや生地など、お菓子に欠かせない素材について、作り方やどのお菓子に使われるかなど一定の知識を有していることが証明されます。また、濃度や糖度といった数値、酸やグルテンなどの成分について理解し、科学的な視点からもお菓子作りに関して一定の知識を有していることも証明されます。資格取得後は、お菓子作りインストラクターとして自宅やスクールで講師活動ができます。


詳細・お申し込みはこちら
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]