logo

映画『シコふんじゃった。』の周防監督が立教大学体育会相撲部「名誉監督」に就任

学校法人立教学院 2018年03月09日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2018年3月9日

立教大学

映画『シコふんじゃった。』の周防監督
立教大学体育会相撲部「名誉監督」就任
〜名門復活を目指し、13日(火)に就任会見〜

2018年3月13日付けで立教大学体育会相撲部(監督:坂田直明)の「名誉監督」に、周防正行氏(映画監督・1981年立教大学卒業)が就任することが決定しました。同映画のプロデューサーを務めた桝井省志氏(映画プロデューサー・アルタミラピクチャーズ代表取締役)は「名誉部員」に就任します。

立教大学体育会相撲部は、1919(大正8)年に創部の、今シーズン100年目を迎える学生相撲を代表する伝統校で、1964年に同相撲部の堀口圭一(故人・元監督)が「学生横綱」を獲得するなど、かつては強豪校として君臨してきました。1970年代から部員数が減り始め、1982年の卒業生を最後に「正部員がゼロ」の時代が約12年続き、他の体育会の学生から「助っ人」を借りて、試合に出場し続けてきました。その様子が映画監督で卒業生の周防正行氏の目に留まり、映画プロデューサー桝井省志氏と共に『シコふんじゃった。』(1992年公開、東宝)として映画化。第35回ブルーリボン賞作品賞ならびに第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、世間でも一大ブームを引き起こしました。

同相撲部の部員は、現在、選手2名、女子マネージャー4名で、団体戦出場の5名に足りない状態です。周防名誉監督、桝井名誉部員の”胸を借りて”、同相撲部の活性化、部員獲得、チーム強化に繋げたい方針です。


日時:2018年3月13日(火)14:00〜
場所:立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール(東京都豊島区西池袋3-34-1)
記者会見出席予定者:周防正行(名誉監督)、桝井省志(名誉部員)、吉岡知哉(立教大学総長)、相撲部関係者

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]