logo

World ATM Congressが開幕、急速に変化する空の技術と新飛行体に注目

World ATM Congress 2018年03月08日 10時37分
From 共同通信PRワイヤー

World ATM Congressが開幕、急速に変化する空の技術と新飛行体に注目

AsiaNet 72558 (0426)

【マドリード2018年3月7日PR Newswire=共同通信JBN】World ATM Congress 2018(リンク )が7日朝、Feria de MadridのIFEMAで開幕した。今年は何千もの航空業界リーダーたちと共に、記録的な237の出展者が3日間の会議セッション、製品デモと発表、契約締結、ネットワーキングのため、世界最大の国際的な航空交通管制(ATM)イベントへの参加を登録した。World ATMCongressは、Air Traffic Control Association(ATCA)の協力でCivil Air Navigation Services Organisation(CANSO)によって運営されており、3月8日まで開催される。

Logo - リンク

今や現代的なテクノロジーやドローンなどの新たな飛行物体の運航が展開しているなか、会議のプログラム(リンク )は、自律運航についてのセッションで急速に変化する空の影響、およびATMにおけるパートナーと提携団体の様相の変化を調査する。アフリカ、アジア太平洋、中南米・カリブ海、中東の4つの地域において注目の話題を扱う短いセッションが行われる予定だ。

6つの無料教育シアターで行われる100以上ものセッションで、専門家が幅広い問題についての意見を共有する。これらのセッションは、商業用宇宙船や無人航空機のような新たな飛行物体を安全に空域へ統合すること、デジタル化やバーチャルセンターがATMに与える影響、空域の効率性を向上させる新たなテクノロジーや手段、自動化を含む新たなテクノロジーがいかに航空交通管制者の役割と訓練に影響を及ぼすのかを含む。

スペインのイニゴ・デラセルナ・エルナイス公共事業・運輸相は、スペイン、特に観光産業にとっての航空輸送の重要性、いかにスペインが近代化と業務効率性を通して航空交通の増加を管理しているかに言及し、World ATM Congressの会議の幕を開けた。また、これらの効率性のおかげでスペインの航空管制サービスプロバイダー、ENAIREは空路料金を2018年には3%、2019年には12%下げることが可能になると発表した。国際民間航空機関(ICAO)理事会議長のオルムイワ・ベナード・アリウ博士は、いかに飛行増加による課題がインフラや宇宙からの監視と航空交通量管理などの手段を近代化することを通して対処が可能なのかを論じた。EUROCONTROLのエイモン・ブレナン会長は、現在の体制では将来的な需要に応えることができないと述べ、いかにシステムの相互運用性、自動化、デジタル化、事前の交通量管理、空域アーキテクチャーがその課題に対応する手助けになるかを探った。

World ATM CongressはWomen of Aviation Worldwide Week(リンク )を支援している。木曜日の午前、World ATM Congress参加者たちは複数のタイムゾーンにわたり同時に最も多くの紙飛行機を飛ばすというギネス世界記録の試みに加わる予定だ。

▽メディア関係問い合わせ先
Abigail Glenn-Chase
abigail.glennchase@worldatmcongress.org
Work:+1 703 299 2430 x308
On Site:+34 670 39 3257

ソース:World ATM Congress

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]