logo

高校生が社会貢献事業のプランを提案 -- 創価大学で3月21日に「第5回SAGE JAPAN CUP」を開催

創価大学 2018年03月08日 08時05分
From Digital PR Platform




3月21 日(水・祝)、創価大学(東京都八王子市)で「第5回SAGE JAPAN CUP」(主催:SAGE JAPAN推進委員会)が開催される。これは、高校生が考案、実践した社会貢献事業のプランを提案する大会で、今年は東京都や神奈川県の7チームが「LGBTへの理解」や「福祉への理解の向上」、「放置自転車の有効活用」などをテーマにプレゼンテーションを行う。参加費無料、事前申し込み不要。




 SAGE(Students for the Advancement of Global Entrepreneurship)とは、高校生が大学生や企業のサポートを受けながら社会貢献や起業に焦点をあてた事業を計画・実践することによって、よりよい社会をつくるとともに、社会問題への関心を高め、問題解決能力や提案力を身につける国際的な教育プログラム。夏に開かれる世界大会「SAGE GLOBAL CUP」を目指し、30カ国以上の高校生たちが参加している。
 日本では2013年にSAGE JAPAN推進委員会を設立。翌2014年から、世界大会の予選を兼ねた国内大会を開催しており、一昨年はフィリピン、昨年はウクライナで行われた世界大会に日本の高校生を送り出した。

 第5回となる今大会には7チームが出場。南アフリカで開催される世界大会を目指して、大学生の支援を受けて考案、実践してきたそれぞれの事業についてプレゼンテーションをおこなう。また、今大会には「SAGE Global」の設立者でCEOを務めるカリフォルニア州立大学のディバーグ教授らも初めて参加する。

◆「第5回SAGE JAPAN CUP」 開催概要
【日 程】2018年3月21日(水・祝)12:00開会(11:30開場)、17:00終了予定
【会 場】創価大学大教室棟S201教室(東京都八王子市丹木町1-236)
【参加費】無料。参加希望の方は当日、会場へ直接お越しください。
【主 催】SAGE JAPAN推進委員会
【後 援】東京都教育委員会、毎日新聞社
【プログラム】リンク
【参加チームとテーマ】
・都立蒲田女子高校:「LGBTへの理解」
・都立国際高校:「エシカルに認知度向上」
・私立田園調布学園:「文房具のリサイクル」
・都立練馬高校:「福祉への認知の向上」
・都立千早高校:「放置自転車の有効活用」
・神奈川県立横須賀高校:「地域の良さを知ってもらう」
・横浜市立横浜サインエスフロンティア高校「資源のワークショップ」

●SAGE JAPAN
リンク


▼本件に関する問い合わせ先
創価大学 企画部企画広報課
住所:東京都八王子市丹木町1-236
TEL:042-691-9442
FAX:042-691-9300
メール:publicrelation@soka.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]