logo

「第56回 JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」でsimpleshowがトロフィー獲得!

株式会社simpleshow Japan 2018年03月07日 16時00分
From PR TIMES

2018年3月5日、株式会社simpleshow Japan(東京都港区、代表取締役:吉田哲)が制作した動画作品「日本から世界へ! 点字ブロック誕生の秘密」が、一般消費者が選ぶ総合広告賞「第56回 JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」の「デジタル広告部門メダリスト」に入賞し、表彰会へ出席いたしました。



[画像1: リンク ]


「JAA広告賞」の大きな特徴は、審査員に広告の関係者を含まず、広告の受け手である消費者が生活者の視点から審査を行うという点です。審査基準は「好感、共感、親近感がもてるか」「わかりやすく、納得できるか」「オリジナリティが感じられるか」の3つ。100名の一般消費者審査員(10代以上の各世代男女)が一次審査を行い、消費者の実感を持って価値を認められたものだけが二次審査に進みます。その中から、有識者によるトップ10メダリストと経済産業大臣賞が選ばれ、さらに20名の一般消費者最終審査員によって、JAA賞グランプリが選ばれます。今回の「第56回 JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」では、全部門合わせて1,337点の応募があり、その中から全63作品が入賞いたしました。

今回の表彰会では、そうそうたる皆様と共にトロフィーを頂戴しました。この賞を励みに、今後もより質の高い動画を提供してまいります。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



◆今回の受賞作品について

デジタル広告部門メダリストを受賞した作品「日本から世界へ! 点字ブロック誕生の秘密」は、日本で開発され世界へ普及した「点字ブロック」の歴史と革新的なアイデアを、わかりやすく動画で解説したものです。

本作品制作のきっかけは、2016年8月、simpleshow Japanの社員がよく利用する青山一丁目駅で起きた目の不自由な方の転落死亡事故です。この悲しい出来事に、私たちは胸を痛めるとともに、動画制作会社として何か貢献できないかと考えました。そこで、健常者が「点字ブロック」について関心を持ち、目が不自由な方へ声がけしやすくなるような企画を、オリジナルの動画作品を全世界へ公開する米国simpleshow財団へ提案。すぐに制作許可を貰いました。こうして、simpleshow Japanの作品「日本から世界へ! 点字ブロック誕生の秘密」の日本語版と英語版は、2017年3月、simpleshow財団を通じてインターネットで世界へ公開されたのです。その後も、インフルエンサーがSNSで本動画を拡散。さらに、在日外国人向けのバイリンガルマガジン「ひらがなタイムズ」への掲載、アジア太平洋地域最大のPR業界賞「SABRE Awards Asia-Pacific」での優秀賞受賞など、国内外の注目を集めています。

今回の、JAA広告賞受賞は、一般消費者の視点から、simpleshowの解説動画が「好感、共感、親近感がもてるか」「わかりやすく、納得できるか」「オリジナリティが感じられるか」の3つの基準で、高い価値があると認められた結果に他なりません。大変光栄に思うとともに、今後も一層、バリアフリー社会の発展に貢献していきたいと考えています。


◆JAA広告賞 受賞結果
リンク


◆「JAA広告賞」とは( リンク
「JAA広告賞」は、公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会が主催するもので、1961年に「消費者のためになった広告コンクール」として創設されて以来、半世紀以上の歴史がある総合広告賞です。「消費者のためになる」広告を評価することを目的に、「1.好感、共感、親近感がもてる広告であるか。(感性) 2.わかりやすく、納得できる広告であるか。(理性) 3.オリジナリティが感じられる広告であるか。(創造性)」という3つの審査基準で作品は評価されます。


【受賞作品概要】

■作品タイトル:日本から世界へ! 点字ブロック誕生の秘密
■受賞:デジタル広告部門 メダリスト(トップ10)
■受賞者:simpleshow Japan / 一般財団法人安全交通試験研究センター
■クライアント:simpleshow foundation
■作品の長さ:3分10秒
■日本語版動画URL:リンク

■作品のストーリー:
世界一周旅行中の主人公、ケンは街やホームで見かせるデコボコの板が気になります。動画では、日本で発明された点字ブロックの歴史や「なぜ」重要なのか、徐々に理解していく主人公の姿を通じて、見ている人に点字ブロックの重要性を記憶させ、共感させる物語となっています。

[動画: リンク ]



[画像4: リンク ]



◆受賞動画作品の2次利用について
WebにYouTubeのリンクをはめ込んでいただくことは全く問題ございませんが、事後でも構いませんので、必ずご連絡ください。また、予めご連絡いただいた上で「提供:simpleshow」と表記していただければ、テレビのニュースや新聞記事等で動画を部分利用していただくことも可能です。


◆simpleshowとは?
住所:東京都港区南青山4-5-25-101
Webサイト:リンク

simpleshowは、ドイツ発の解説動画(Explainer Video)専門の企画制作会社。難しいメッセージを分かりやすく伝えて理解促進させる解説動画は、欧米を中心に、企業や学校の教育現場やWebマーケティングの最前線で活用されていますが、独自のペーパーカット・アニメーション・ノウハウを追求するsimpleshowは、2008年ドイツ創業後、イギリス、スイス、ルクセンブルク、シンガポール、マレーシア、香港、アメリカ、そして2014年に日本とグローバルに成長を続ける解説動画界のリーディングカンパニーです。これまで10,000本以上の解説動画を50以上の言語で制作して、世界の名だたる企業・団体の課題を解決しています。

最大の特長は、本社内に設置されたsimpleshow Academyという研究開発兼教育機関。クライアントの課題をターゲットに「記憶」させ「共感」させるsimpleshowメソッド(※)の研究開発を産学連携で行うと共に、世界中のsimpleshowスタッフの教育と品質管理を行っています。

※ “simpleshowメソッド”について
人間は本能的に指で示された場所に思わず注目してしまう原理を利用して、重要なイラストや場面転換を手で行いアテンションを高める工夫をしています。また、メッセージに脳を集中させるべく、視覚情報は少なくして、白黒の色構成にしています。アナログさとデジタルの融合が、ハイビジョン画面でもスマートフォン画面でも視聴者の心に親しみと共感を生み出します。他にも科学調査に基づいた様々なテクノロジーがsimpleshowには用いられています。

simpleshow Facebook:リンク
simpleshow YouTube:リンク


<お問い合わせ先>
株式会社simpleshow Japan(シンプルショージャパン)
広報担当:青山(あおやま)
電話番号:03-6447-4485(平日9:30-18:30)
Eメール:info.japan@simpleshow.com

★お気軽に、ご質問、ご相談ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]