logo

「寶CRAFT」<北限(ほくげん)のゆず>地域限定新発売

宝ホールディングス株式会社 2018年03月06日 17時15分
From 共同通信PRワイヤー

20180306

宝ホールディングス株式会社

~ご当地で人気の素材を使用した「ひとてま造り」の“クラフトチューハイ”~
「寶CRAFT」<北限(ほくげん)のゆず>地域限定新発売

 宝酒造株式会社は、地域限定のチューハイとして “「寶CRAFT」<北限のゆず>”を3月27日(火)より、岩手県・宮城県・青森県・秋田県・山形県・福島県で新発売します。

 “「寶CRAFT」”は、ご当地の素材を使用し、素材に合うベースアルコールにこだわり、手間を惜しまず「ひとてま造り」製法で丁寧に仕上げた、ご当地の嗜好性やグルメに合う地域限定のチューハイです。お客様の嗜好性が多様化するなか、個性的なつくりや味わい・希少性・ご当地を切り口としたクラフトへのニーズが高まっています。そこで当社では、チューハイ市場において、『クラフトチューハイ』という新しい市場を創造する、新ブランド“「寶CRAFT」”を立ち上げました。

 今回新発売する<北限のゆず>は、岩手県陸前高田市・大船渡市で栽培された「北限のゆず」をまるごと搾ったストレート混濁果汁※を使用したチューハイです。宮城県塩竈(がま)市でつくられた藻塩と厳選した樽貯蔵熟成焼酎を合わせることで、すっきり爽やかなゆずの香りとまろやかでコクのある味わいが楽しめます。

 岩手県の沿岸南部に位置する陸前高田市と隣接する大船渡市では、温暖で日照期間が長いという気象環境を背景に、古くから農家などの敷地にゆずが自生していたと言われています。ゆずは柑橘類としては耐寒性が強いものの、陸前高田市近辺はゆずが自生できる最北地域(北限)とされています。この「北限のゆず」は、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震により甚大な被害を受けた地元の復興活動の一環で地元の特産果実としてのブランド化が進められています。また宮城県塩竈市でつくられる藻塩は、雑味が少なくまろやかな塩味が特徴です。

 ラベルには、東北六県を代表する祭りや伝統行事を象徴するモチーフをあしらい、クラフトチューハイらしいデザインに仕上げました。

 当社では、希少性の高い、地域に根差した素材を使用し、「ひとてま造り」製法で仕上げた“「寶CRAFT」<北限のゆず>”を地域限定で新発売することで、話題を喚起し、ブランドを育成するとともに、チューハイの価値向上に努めてまいります。

※ストレート混濁果汁
果汁を搾ってから透明化処理や濃縮還元を行わない果汁のこと。

【商品概要】

商品名:「寶CRAFT」<北限のゆず>
品目:リキュール(発泡性)①
アルコール分:8%
果汁分:2%
容量/容器:330ml/壜
梱包:12本段ボール箱入
参考小売価格:285円(消費税抜き)
発売地域:岩手県・宮城県・青森県・秋田県・山形県・福島県
発売日:2018年3月27日(火)

【お客様からのお問い合わせ先】
宝ホールディングス株式会社 お客様相談室
TEL 075-241-5111(平日9:00~17:00)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]