logo

ウフル、「リテールテック JAPAN 2018」出展のお知らせ

-店舗内における、顧客体験向上アプローチを提案-

株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)は、2018年3月6日(火) ~ 3月9日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「リテールテック JAPAN 2018」に出展いたします。



[画像1: リンク ]

リテールテック JAPANでは、店舗内システムからサプライチェーン連携まで幅広い流通情報システムを、各ソリューションの活用シーン別にゾーン構成します。ウフルは「トータル流通情報システム」のゾーンにて、ソリューションの展示を行います。

<展示会概要>
展示会名:第34回流通情報システム総合展 リテールテックJAPAN 2018
     ブース番号RT1408
開催日時:2018年3月6日(火) ~ 3月9日(金)
     午前10時 ~ 午後5時(最終日のみ午後4時30分)
会 場 :東京ビッグサイト 東1・2・3ホール
入場料 :事前登録で入場無料
     (登録サイト:リンク
主 催 :株式会社 日本経済新聞社
※日本マイクロソフト株式会社の展示ブース内(ブース番号RT1408)にて、アーム株式会社
と共同でソリューションの展示を行います。

<出展概要>
ソリューション名: スマート店舗ソリューション
展示テーマ: 店舗内の顧客行動をデータで把握、分析活用だけでなく顧客体験向上へ
       ・顧客がいつ、どこの店舗でどの商品に興味を持ったかを把握
       ・来店履歴をもとに顧客に対してリマーケティングに活用
       ・店頭在庫がなくなったことを検知してスタッフに共有
[画像2: リンク ]

センサーデータの収集および加工をArm(R) MbedTMで行い、enebular(R) (エネブラー)で各種クラウドサービスに連携。これにより、エッジ側のデータの活用範囲が広がります。また、エッジ側の改修や拡張もクラウドから直接行うことが可能になります。

※ 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

■enebular(R)について
「enebular(R)」は、ウフルが提供するIoTオーケストレーションサービスです。
エッジデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や、様々なクラウドサービスとの連携を簡便に実現し、多数のデバイスが協調するIoTシステムの最適なオペレーションを支援します。また、商用展開可能なセキュリティとスケーラビリティとを備えています。2014年のリリース以来、IoT/AIを活用してデジタルトランスフォーメーションに取り組む様々な企業に導入いただいています。2017年5月には、英Arm社との間で、同社のIoTデバイス管理プラットフォーム「Arm(R) MbedTM Cloud」のパートナー契約を締結したことにより、クラウド・エッジデバイス・エンドデバイス全てにおけるセキュリティ、特にハードウェアレベルのセキュリティを重視した開発が可能となりました。

■株式会社ウフルについて(リンク
株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular(R)」を用いて、IoT領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。来る5Gの普及に向け、NB-IoTなどの次世代通信技術にも取り組んでおります。コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。


Uhuru to Run a Booth at RETAILTECH JAPAN2018
-Solution Approach to Enhance Customer Experience in Stores-

Uhuru Corporation (“Uhuru”, Headquarters: Minato-ku, Tokyo, President & CEO: Takashi Sonoda) will be running a booth at RETAILTECH JAPAN 2018 to be held from March 6 (Tue) to March 9 (Fri) at Tokyo Big Sight.
[画像3: リンク ]

RETAILTECH JAPAN is Japan’s largest trade show specializing in retail information system. The exhibits are classified into zones based on categories of solutions such as in-store systems, supply chain coordination, etc. Uhuru will set up booth with our solution at the Total Retail Information Systems area.

<Outline of Event>
Name:  The 34th Comprehensive Exhibit of Retail Information Systems
RETAILTECH JAPAN 2018
Booth No. RT1408
Dates & Time:  March 6 (Tue) – 9 (Fri)
         10:00 am – 5:00 pm (will close on 4:30 pm on the last day)
Venue: Halls East 1, 2, 3, Tokyo Big Sight
Admittance:  Free (prior registration required)
        Registration: リンク
Organizer:   Nikkei Inc.
*Uhuru will run a joint exhibit of our solution with Arm Limited at the booth of Microsoft Japan Co., Ltd. (booth No. RT1408).

<Overview of Exhibit>
Name of solution: Smart Stores Solution
Theme of exhibit: Collect data of in-store customer behavior, analyze, and utilize the result to enhance customer experience
・Find out which item the customer showed interest in, at which store, and when
・Use the store visit history data for remarketing
・Detect inventory shortage and notify the store staff
[画像4: リンク ]

Collecting and processing sensor data will be done using Arm(R) Mbed™ and will be connected to various cloud services with enebular(R). This not only enhances the range of data utilization on the edge side, but also allows repair and extension of edge devices to be done directly from the cloud.

*All names of companies, products and services in this news release are trademarks or registered trademarks of Uhuru or the respective companies or organizations.

■enebular
enebular” is an IoT orchestration service offered by Uhuru. It makes development of applications that connect edge devices and the cloud and integration with various cloud services easier and supports optimal operation of IoT systems in which a large number of devices work in collaboration. It has security and scalability features that meet the requirements for commercial deployment. Since its release in 2014, enebular has been adopted by numerous enterprises aiming to achieve digital transformation utilizing IoT/AI. In May 2017, Uhuru has entered into an agreement with Arm Ltd. (“Arm”, Headquarters: Cambridge, UK) as an enterprise licensee of Arm’s IoT device platform, Arm(R) Mbed™ Cloud. The agreement has made it possible for Uhuru to work on development with solid security for the cloud, edge devices and end devices, with special focus on hardware security.

■Uhuru Corporation(リンク
Uhuru Corporation aspires to increase enterprise value at our clients using innovative products and services inspired by the internet under the corporate philosophy of “using technology and free thinking to create the future”. The core of our business is IoT. We continue to bring innovation to our customers’ business in the IoT realm, with the leverage of enebular(R) IoT Orchestration Service, which connects the edge and the cloud. We are also working on new kinds of next-generation telecommunication technologies such as NB-IoT to meet the requirements of the 5G era. Our team consists of experts in various fields including consulting, engineering and creative production. We offer one-stop professional service from business strategy, technological support, to communication strategy necessary for implementing IoT business and aim to create business with the customers.

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]