logo

インフルエンサープロダクション 株式会社VAZへの出資を決定

パーソルホールディングス株式会社 2018年03月05日 12時01分
From PR TIMES

「非大卒」を主な対象とした就職支援サービス「バズキャリア」などを展開

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:水田正道)は、非大卒者を主な対象とした就職支援サービス「バズキャリア」の運営やインフルエンサープロダクションの株式会社VAZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 泰輝、以下VAZ)への出資を決定しました。なお本出資は、PERSOL INNOVATION FUND合同会社(本社:東京都渋谷区、代表パートナー:加藤丈幸)を通じて実施いたしました。

■出資の目的

VAZは、中卒・高卒・専門卒・高専卒・大学中退といった、いわゆる「非大卒」の若者を対象としたサービス『バズキャリア』を運営しています。一般的な就職サイトが大卒者を主な対象としているのに対し、バズキャリアは大卒資格を持たない人材に対して、充実した雇用機会の提供を目指しています。今後、一層の就労人口減少が叫ばれるなか、「非大卒」人材を、人材不足が顕著な産業や成長産業へ斡旋することで、国内の生産力向上・労働資源の最適化を図ることが期待されます。

パーソルホールディングスでは、バズキャリアの掲げる「大卒資格を持たなくても人生を変える就職の実現を目指す」というスローガンと、高い社会性・事業成長性に共感し、この度の出資を決定いたしました。

■会社概要

【株式会社VAZ】
[表1: リンク ]



【PERSOL INNOVATION FUND合同会社】

[表2: リンク ]



■パーソルホールディングス株式会社について

1973年のテンプスタッフ株式会社創業以来、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、再就職支援など総合人材サービスを展開。2008年10月に共同持株会社テンプホールディングス株式会社を設立。2017年7月よりパーソルホールディングス株式会社へ社名を変更。

東京証券取引所市場第1部上場(証券コード:2181)。2017年3月期売上高5,919億円。

■「PERSOL(パーソル)」について<リンク

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。

パーソルグループは、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]