logo

稼働中の送電線の革新的検査ソリューションLineRangerロボットを発表

Hydro-Quebec 2018年03月02日 14時42分
From 共同通信PRワイヤー

稼働中の送電線の革新的検査ソリューションLineRangerロボットを発表

AsiaNet 72520 (0403)

【モントリオール2018年3月2日PR Newswire=共同通信JBN】Hydro-Quebecは新しいロボット・プラットフォームであるLineRangerの機能プロトタイプを明らかにし、送電線検査ロボットの開発における新たなマイルストーンを発表する。ヴァレンヌにあるHydro-Quebecの研究所(IREQ)によって開発されたこのロボットは、高圧送電線導体束の効率的な検査のための新たな技術的ソリューションである。

Hydro-Quebecの送電システムの約半分は、導体束からなる送電線で構成されている。このタイプの送電線は世界中で広く使用されている。導体束はロボットにとり特別な課題を提示する。LineRangerは革命的な内蔵メカニズムにより、このタイプの送電線のより迅速で簡単な検査のために、障害物を迅速かつ容易に克服することができる。Hydro-Quebecのロボット検査・保守担当専門マネジャー、セルジュ・モンタンボー氏は「LineRangerを実際に際立たせているのは、現場クルーが容易に使用できる点である。特別なチームは必要ない」と語った。LineRangerはユーザーフレンドリーなインターフェイスを装備しており、送電線上に簡単に設置でき、大規模な実装に最適である。

結局のところ、LineRangerは、電気が流れている送電線で動作可能なため、送電を妨げることなく、1日当たり約20キロメートルの送電線を検査することができる。

詳細な情報はリンク 参照。実際に稼働中のLineRangerはリンク へ。


▽問い合わせ先  
Hydro-Quebec
Media Relations
Louis-Olivier Batty,
+1-514-289-4214
Batty.louis-olivier@hydro.qc.ca

ソース:Hydro-Quebec

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]