logo

持続可能な物流輸送によってCO2排出量を削減

ポルシェジャパン株式会社 2018年03月02日 12時24分
From 共同通信PRワイヤー

持続可能な物流輸送によってCO2排出量を削減

「環境にやさしい鉄道」による船積港までの輸送

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)の車両は、責任ある持続可能な活動のために、「環境にやさしい鉄道」での輸送を行います。2018年1月1日以降、完成車は、コーンヴェストハイムとライプツィヒの積込み駅から再生可能なグリーンエネルギーによって鉄道輸送されています。ポルシェは、鉄道による物流輸送を、完全にカーボンニュートラルなプロセスに転換します。これによって、物流業務による年間のCO2排出量を3%削減し、気候に有害なCO2の発生を6,000トン以上低減します。

「熟考された資源の使用と、環境に配慮したエネルギー効率の高い活動は、ポルシェの企業戦略にしっかりと根付いています。鉄道輸送によるグリーンエネルギーへの移行は、カーボンニュートラルな生産への論理的ステップであり、さらなるマイルストンとなります」とポルシェAGのロジスティクスおよびプロダクションコントロール担当副社長のオリバー・ブロンダーは述べています。ポルシェは、今年1年を通して、カーボンニュートラルな鉄道輸送をさらに拡張する計画を立てています。ブレーマーハーフェンの船積港とコーンヴェストハイムを連絡することによって、鉄道輸送される車両の割合が約45%増加します。これは、従来の大型トラックによる輸送を抑え、気候に有害なCO2を、年間さらに650トン削減することにつながります。

ポルシェは、2017年1月1日以降、全ての拠点で、風力、水力、および太陽光によるグリーンエネルギーを利用しており、さまざまなエネルギー源のトランスペアレントな記録が可能になっています。2020年以降、ツッフェンハウゼンの主要工場の熱供給をバイオガスに転換し、さらに年間5,000トンのCO2を削減します。ポルシェは、拠点とサプライヤーの間の物流にも環境にやさしい輸送手段を採用しています。現在、シュトゥットガルト周辺の道路では、天然ガスで駆動する大型トラック3台を走行し、市内で年間約119トンのCO2を削減しています。 CNG(圧縮天然ガス)を搭載した車両は、従来のトラックと比較してCO2排出量を最大20%、粒子状物質を約80%、COを90%抑えます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]