logo

オプト提供のLINE ビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU(ツナガル)」、リッチメニュー切り替え機能をリリース

株式会社オプトホールディング 2018年03月02日 11時01分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、LINE ビジネスコネクト(※1)配信ツール「TSUNAGARU(ツナガル)」(※2)に、公式アカウントのリッチメニューをユーザー行動により出し分けする「リッチメニュー切り替え」機能を開発しましたので、お知らせいたします。

■リッチメニュー切り替え機能とは

LINE公式アカウントに設置されたリッチメニューに表示するコンテンツを、ユーザーごとに切り替えることができる機能です。ユーザーのアカウント内行動や会員ステータスなどにより必要としている情報を切り替え、リッチメニューに異なるコンテンツを設置することで、ユーザビリティが上がり、更なるコミュニケーションの活性化が期待されます。

設定できるリッチメニューは10パターン、従来のリッチメニューの半分の高さのリッチメニューを表示することもできます。
[画像2: リンク ]

<リッチメニュー表示切り替え例>
1.アンケート回答済みユーザー/未回答ユーザー
2.LINE ビジネスコネクトアカウントと接続済みユーザー/未接続ユーザー
3.会員ランク・ステータス(初回購入、2回目購入、ロイヤル顧客など)※要コネクト
4.属性別(男性向け/女性向け、年代別など)※要コネクト
5.特定キーワードの入力(「問合せ」と入力したユーザーに利用ガイドを表示するなど)

<表示切り替えを利用したコンテンツ例>
1.くじ引き(クリック後に当選結果を表示)
2.占い(LINE ビジネスコネクトアカウントと接続済みのユーザーの登録している誕生日によりその日の運勢を表示)
3.クーポン(クリックごとにランダムで割引率を変更)
4.クイズ(回答を入力し正解すると次の問題がリッチメニューに表示される)
5.簡易アンケート(回答の選択肢により次の設問を分岐表示)
6.タイムセール(一斉メッセージ配信後1時間のみタイムセールのメニューを表示)
7.位置情報送信(送信後に最寄りの店舗の特売情報をメニューに表示)
8.ゲームアプリとの連動(ゲームで設定しているキャラクターを表示など)

アンケート回答済みユーザーへのリッチメニュー切り替えは、アパレルアカウントにて2月1日より実装済みです。LINE公式アカウントにおける初の導入事例となります。

※ご利用にあたっての留意事項※
● リッチメニュー切り替え機能のご利用は、API型公式アカウント、LINE ビジネスコネクトのアカウントをお申込みいただいている企業、又は、上記のアカウントを開設予定の企業様が対象となります。
● 「TSUNAGARU」の管理画面を通じての機能提供となります。
● Rich Menu APIが使用可能となるのはLINE 7.14.0 以降となります。
● LINE公式アカウントでリッチメニューが有効になっていない場合、APIリッチメニューも有効になりません。

オプトは、「LINE Biz-Solutions Partner ProgramLINE」の認定パートナーとして、今後も企業がLINE ビジネスコネクトを活用するために必要な、システム設計、導入支援、ツール開発、ASP提供を行っております。 この度の機能実装に伴い、LINE ビジネスコネクトおよびアプリマーケティングのさらなる支援・CRM活用・オムニチャネル化推進による事業成長支援を加速させてまいります。

※1 LINE ビジネスコネクト
LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINE公式アカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。(LINEでは、LINE公式アカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。)
詳細は、リンク をご覧ください。

※2 LINE ビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」
株式会社オプトがLINE公式アカウント開設企業向けにASPサービスにて提供し、LINE ビジネスコネクトをより高度に活用することができるマーケティングツールです。
IDシンク、メッセージ配信、BOTによる自動応答、AIチャット、ショップカード表示、計測ツール連携、アンケート作成、クリックデータ収集、LINE Beacon管理、メッセージテンプレート作成機能などの機能を搭載し、LINE ビジネスコネクト開始時の企業のシステム開発負荷を大幅に軽減し、LINEを含めたネット広告領域の効果の最大化を実現いたします。
詳細は、リンク をご覧ください。
(スマートフォンの場合は、リンク よりご覧ください。)

■株式会社オプトについて
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

<会社概要>
設立年月:2015 年 4 月 1 日
資本金:1億円 (2016 年 12 月末 現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]